転職だからこそ注意!面接時の身だしなみのポイント

見た目は、その人の印象を大きく決める要素の1つです。

いくら仕事ができる人であっても、格好がだらしなかったり、不清潔だったりすれば企業も採用をためらってしまいます。
転職時の面接では、応募者はすでに社会人としての経験がある前提で見られるため、服装は新卒時の面接以上に注目される部分です。

今回は、転職時の面接で気をつけたい女性の身だしなみのポイントをご紹介します。

基本スタイルはスーツ

アパレルやデザイン関係などの仕事では、面接時にも個性ある服装が求められることがありますが、一般的な企業ではスーツが基本の服装です。

スーツは黒や紺、グレーといった色が基本のカラーで、面接官の受けも良いです。
しかし、赤やオレンジといった派手な色でなければ、明るめのベージュやクリーム色のものを選んでも問題ありません。

ボトムスは、スカートとパンツスタイルどちらを選んでもかまいませんが、フットワークの軽さが求められる営業職では、パンツスタイルで臨むとより仕事のできる印象を与えられます。
スカートの場合、イスに座ったときに膝上5cmくらいになるものを選びましょう。

スーツのインナーは何を着る?

スーツのインナーは何を着る?
スーツと同様、インナーも大きく色の制限があるわけではありませんが、カジュアルすぎるものはNGです。
白または淡色のシャツまたはカットソー、白いブラウスが無難な組み合わせといえます。
フリルやドレープが大きくあしらわれたものは避けましょう。

また、下着が透けないように、インナーの下にキャミソールを着用するのがベターです。

履き物はパンプスを

新卒の就活の場合、パンプスの色は黒が基本になりますが、転職の場合はスーツの色に合わせて選んでいきます。
ヒールはさまざまな高さのものがありますが、5cm以下、歩いたときに音が響かないものを選びましょう。

メイクも「清潔感」重視

現在の職場では、派手目のメイクをしているという人も、面接時のメイクは控えめにしましょう。
メイクは、清潔感と健康的な雰囲気が重視されるため、濃いアイメイクやつけまつげ、グロスは避けたほうが無難です。
目元にはピンク系、口元にはピンクまたはオレンジ系を使うと、血色の良い元気なイメージが与えられます。

髪を束ねるときは低めの位置で

お辞儀をしたときに顔に髪がかかったり、スーツの前襟が髪で隠れたりするようなら、髪を束ねる必要があります。
なるべく低い位置のポニーテールで結ぶのが無難です。
前髪も、目にかかるようなら分けてサイドをピンで留めておくと安心です。

スーツのコーディネートをはじめ、女性の身だしなみで押さえておくべきポイントは多いため、どんな格好をすればいいのかと迷うことも多いでしょう。
しかし「清潔感と明るさ」といった基本を守れば、大きく外れることはありません。
今回ご紹介したポイントもぜひ参考にしてみてください。