採用担当者にアピールするには? 職務経歴書の書き方

すでにキャリアを積んでいる人にとって強みになるのが「どんな仕事をしてきたか」について書いた職務経歴書。履歴書の職歴欄もありますが、キャリアがあるなら職務経歴書は用意しておきたいものです。
しかし、ただ単に今までの仕事を並べただけでは、自身のアピールに欠けてしまいます。

ここでは「採用担当者の目に留まる職務経歴書の書き方」についてご紹介します。

求人に合わせたアピール方法をする

派遣社員はそのスキルを買われる人材です。学歴よりも職歴のほうに重点が置かれます。
企業が新卒ではなく、すでにキャリアを積んでいる人を欲しがる理由は、できるだけ早く即戦力となる人が欲しいからです。

ですから、派遣社員を募集している場合、企業の「欲しい人材像が明確」だと言えます。
逆に言えば、欲しい人材に自分がマッチしていることをアピールできれば、採用側の目に留まりやすくなるのです。

そのうえで重要なのが職務経歴書です。職務経歴書は非常に有力な自分のプレゼン資料になります。
あれもこれもと欲張って自分をアピールするのではなく、その企業が求めている人材に近づけた職務経歴書を作って、採用担当者の心に突き刺さるような資料を作成しましょう。

見やすいフォーマットで作る

履歴書には「経歴要約」「職務経歴」「資格・スキル」「自己PR」などを書きますが、職務経歴書には履歴書のようなフォーマットがありません。
市販されているものや、ネット上にあるテンプレートなど、何を使っても構いませんが、大切なのは職歴を上手にアピールできるような“見やすいフォーマット”で作ることです。
職務経歴書のフォーマットは、「編年体タイプ」と「キャリア式タイプ」の2つに大きく分けることができます。
転職回数が少なく、1つの職場での勤務期間が長い場合は、古い順に経験を書いていく編年体が向いているでしょう。
一方で、派遣回数が多く複数の職種を経験している人は、プロジェクトや業界ごとにまとめるキャリア式が向いています。

たとえば、営業と事務の経験がある人が営業職に応募しようと思うなら、事務の部分はさらっと書き、営業の部分を強調するような書き方をすると営業の経験をよりアピールできます。

派遣の場合、派遣会社が職務経歴書やそれに近い書類を作成し、派遣先に送信しています。
このため、派遣会社の担当者と十分に打ち合わせしたうえで、派遣先が「来てほしい」と思えるような職務経歴書を作れるよう、自分の経歴を分析しておきましょう。

担当者が気になる言葉を入れる

担当者が気になる言葉を入れる

どの職種にも、実務経験やスキルなど、採用担当者が重視するポイントがあります。
企業としては、任せたい仕事に関するスキルを持っている人に仕事を任せたいと思うのは当然です。
ですから、その分野における資格を持っているならもちろん、実務経験がある人であれば、具体的にどんな仕事を任されていたのか、どんなスキルを得て成果を出したのか。
求められている人材に合わせ、担当者が気になるキーワードを入れることで、より印象づけることができます。

だからこそ、担当者が気になるであろうキーワードを積極的に取り入れて職務経歴書を作りましょう。
派遣会社が職務経歴書を作成してくれる場合が多いので、担当者とよく打ち合わせをして、提出する前に確認することも大切です。

以上の点に気を付けながら、自分の経歴を分析し職務経歴書を作ってみましょう。
「相手に合わせた内容にする」ということを意識すれば、資料の作り方や見た目はぐんと変わっています。
採用担当者の目にも留まりやすい職務経歴書を作って、転職活動を成功させてくださいね。