志望動機と自己PRはどう書き分ける? 書き方のコツを知ろう

就職活動で避けては通れないのが履歴書や職務経歴書の作成。そうした書類を書く時に「志望動機と自己PRの内容がかぶる」と悩んでしまう人も多いかもしれませんね。
そもそも、志望動機と自己PRはどう違うのでしょうか?
内容に差をつけるとしたら、どうしたらいいのでしょうか?
志望動機と自己PRの違いや、上手な書き方のコツなどについてご紹介します。

志望動機と自己PRの違い

志望動機は「なぜ自分がその会社に入りたいのか」という理由を書くところ。つまり、「自分の視線で」書くのがポイントになります。一方、自己PRは「自分が今まで培ってきた経験、スキル、セールスポイント」を書くところ。つまり、「客観的に」書くことが求められるのです。

もっと詳しく言うと、志望動機は入社後の希望やチャレンジしたいこと、自分の夢や未来のことについて書くものです。自分の視線で書くので、主観的な内容になってしまっても構いません。
それに対し、自己PRはセールスポイントのアピールの場です。セールスポイントは自分の性格や特徴、今までの経験で身に付けたものの中にあります。自己PRは自分の過去のことについて書く場とも言えます。そのセールスポイントを踏まえ、「私はこういうことができるので、御社の役に立ちます」とアピールするのが自己PRです。

内容に差をつけるコツ

志望動機と自己PRはどう書き分ける? 書き方のコツを知ろう

志望動機と自己PRが似てしまうという人は、どちらも自分を売り込む場だと考えているためです。
志望動機と自己PRの違いをはっきり認識することが大切ですが、その際に志望動機は自分の視点、自己PRは第三者の視点で書くということを意識するようにしましょう。自分に何ができるのかについては、客観的な視点で説明しなければ説得力を持たせることができません。
職務経歴書を作成せず履歴書のみで応募する場合、フォーマットによっては志望動機と自己PRが別々ではなく一つの欄にまとまっていることがあります。そうした場合、スペースに制約があるので最も大切だと思うものを書くようにしましょう。

こんな志望動機・自己PRはNG

志望動機、自己PRともに内容が漠然としていると、企業側は判断に困ってしまいます。
例えば志望動機に「やりがい」や「将来性がある」ことを書きたいのであれば、その企業でなければならない理由を書き添えましょう。具体的な内容がなく「やりがい」や「将来性がある」だけなら、別にその企業である必要はないからです。その企業でなければ自分の夢はかなわないのだということを熱く語るのが志望動機です。

自己PRには、抽象的な内容は向きません。こちらは企業がどんな人物なのか判断するための材料なので、「いろいろな」「さまざまな」「非常に」「かなり」などの抽象的な表現は自己PRには不向きです。自己PRの作成時にこうした表現が出てきた場合には、具体的な内容に置き換えられないかを検討しましょう。内容が具体的になれば説得力が増します。

繰り返しになりますが、志望動機は自分の希望を自分の視線で、自己PRは自分のセールスポイントを客観的に書くのがポイント。また、志望動機、自己PRともに内容を具体的にし、抽象的な表現を避けるということに気を付けて作成するのがコツです。ぜひ参考にしてみてください。