派遣で働く際におこなわれる「顔合わせ」って何をするの?

派遣社員として仕事を紹介してもらう際に行われる「顔合わせ」。派遣される社員と、紹介された企業側の担当者との面談が目的で行われます。
いわゆる就業面接と同じものと考えている方もいるかもしれませんが、顔合わせは就業面接とは違うものです。
ここでは派遣で働くうえで必ず行うことになる顔合わせについてご紹介します。

顔合わせと面接の違い

面接は就業試験の一環です。そのため、面接を行った後には、面接を受けた就職希望者の採用不採用が決定されることになります。
しかし顔合わせは就業試験ではありません。顔合わせは、派遣社員と派遣会社のスタッフ、そして派遣先企業の担当者が同席して行う業務に関する打ち合わせです。いわゆる選考ではないので、顔合わせによって採用不採用が決定されることはありません。

面接と違い、顔合わせの場には自分のことを推薦してくれる派遣会社のスタッフが同席します。緊張しすぎず、リラックスした気分で臨むようにしましょう。

顔合わせの内容

顔合わせの日の一般的な流れをご紹介します。

【顔合わせの流れ】
1.派遣先企業からの仕事に関する説明
派遣先の企業から業務内容について簡単な説明がされます。

2.派遣される社員の紹介
派遣される社員のスキルや技能などを紹介します。スキルシートを派遣先企業の担当者に渡し、自分が持っているスキルや経験について詳しく説明します。

3.職場見学
働くことになる職場の環境を見学します。職場環境などをしっかりチェックしておきましょう。

4.質疑応答
派遣先企業の担当者から、仕事に関する質問(パソコンスキルがどれくらいあるか、などの質問)がされます。その後、何か気になることがあれば派遣社員側から質問をすることもできます。

顔合わせの際のポイント

顔合わせによって不採用になることは原則ありませんが、最低限のマナーやポイントは抑えておく必要があります。

・服装はスーツかオフィスカジュアル
面接ではないからと言ってあまりにもカジュアルな服装は避けましょう。たとえ派遣先企業が私服OKの職場であっても、スーツか、落ち着いた色のジャケットと言ったオフィスカジュアルな服装が無難です。

・職場の環境をしっかりチェックする
顔合わせは派遣される社員が、派遣先企業の雰囲気を肌で感じるために行われるものでもあります。職場の環境や雰囲気をしっかり確認するように心がけてください。メモなど取るようにするといいでしょう。

派遣で働く際におこなわれる「顔合わせ」って何をするの?

派遣先企業との顔合わせはあくまで派遣社員の希望によって行われるものです。法律上、顔合わせによって不採用になることはあり得ませんので、最低限のマナーやポイントを押さえて、リラックスした気分で臨むようにしましょう。