派遣の求人が増える時期はいつ頃? 派遣社員の募集が出るタイミング

新入社員や転職活動では、ある程度募集の就活・転職シーズンが決まっています。派遣社員の場合、どのような時期に求人が増えるのでしょうか? 実は派遣求人の場合でも、企業の人事異動などの流れが関係しているのです。
今回は派遣社員の求人が増える時期とその理由をご紹介します。

派遣の求人が増える時期:2~3月

まだ肌寒い2~3月の時期は、4月の年度初めに向けた採用のタイミングです。
春から働き始める人といえば新入社員をイメージする方も多いかもしれませんが、すでに実力を持っている中途採用者や派遣社員なども、年度初めをタイミングとして働き始めるのが一般的です。
小売業・飲食業界では新店舗オープンに向けた人材確保のために、このタイミングで派遣社員を募集するケースがあります。このような業界を狙っている方にとっては注目のタイミングです。他にも春から新たなプロジェクト始動を予定している会社が助っ人を募集することも多いといえます。
また、正社員の産休と待機児童問題といった、時世の影響もあると見られています。産休・育休に入って新年度の復職を目指している人でも、4月から入園できる保育園が見つからないケースもあるため、そのサポートとして派遣の求人が出されることがあるのです。

派遣の求人が増える時期:7月

4月以降、企業は新卒採用などに力を入れ始めるため、派遣採用はいったん落ち着きを見せます。しかし7月など夏になると再び派遣の求人が増えてくることがあります。主な理由としては、正社員でボーナスを受け取った後退職してしまうことが多く、その補填として派遣社員を求めるためです。
製造業スタッフやオフィスワーク、コールセンター、事務職など幅広い業種で派遣社員のニーズが高まる時期といえます。
退職者の補填以外にも、夏休みやお盆休暇など長期休暇の前に人員を確保しておきたいという狙いもあります。そのため7月はその前の駆け込み需要として派遣社員の求人を出す企業が多いのです。

派遣の求人が増える時期:9月

派遣の求人が増える時期はいつ頃? 派遣社員の募集が出るタイミング

一般企業で人事異動の多い10月に向けて、9月頃から派遣求人が増える傾向にあります。
下半期を控えた時期は、春に採用した新入社員がひとり立ちできるタイミングであり、中堅以上の社員を新規事業に登用したり、大企業では配属変更があったりするなど、企業体制が大きく変化するシーズンなのです。
社内で実力のある人が新たな環境へ移ってしまい、残ったメンバーで部署を回していくためにサポートとして派遣社員を採用しようという流れが一般的です。
その他にも下半期からの店舗オープンに向けて求人を出すことも多く、小売業や飲食業での採用も活発になります。アパレルやレストラン、カフェなどで働き始める主婦の方なども多く、求職活動をするなら9月からのタイミングは確実に押さえておくべきでしょう。

業界や業種、さらには派遣先の企業の人材状況によって異なりますが、一般企業の人事異動の少し前に派遣社員のニーズが高まることがわかります。派遣社員の就業先を探している方は、今回ご紹介したタイミングを逃さず、求人を探してみてください。