派遣登録に着ていく服装はスーツがいいの?

派遣社員として働く際に、まずしなければいけないのが、登録会です。登録会はいわゆる採用面接とは違いますが、派遣会社に自分のことを知ってもらうための場でもあります。服装にはしっかり気をつけておく必要があるでしょう。また「派遣先との顔合わせ」の際も、しっかり服装のマナーは守りたいものです
ここでは、派遣社員が登録会などに着ていくべき服装についてご紹介します。

スーツがベスト!

派遣社員にはいわゆる採用面接というものがありません。その代わりに、派遣会社への登録会や、派遣先企業との顔合わせ(職場見学)が行われます。
採用の合否が決まるものではありませんが、登録会も顔合わせもビジネスシーンのひとつです。社会人としての服装のマナーはしっかり守っておきましょう。
その際の服装は、やはりスーツを着ていくことがベストであると言えます。スーツを着ていって嫌な顔をされることはありませんので、カジュアルにするべきかフォーマルにするべきか迷った際は、スーツを着用するようにしましょう。

普段着でもOKの場合は、オフィスカジュアルで

登録会や顔合わせを行う際に「普段着でもOK」「私服でもOK」というように、フォーマルな服装をしなくても構わないと言われることがあると思います。
しかし、これを真に受けて本当に「普段着ている私服」を着ていくのはNGです。このような場合は、スーツを着ないにしても、ビジネスシーンに見合った「オフィスカジュアル」と呼ばれる服装を選ぶことをお勧めします。
オフィスカジュアルというのは、スーツにネクタイというようなきっちりしたフォーマルではないものの、ビジネスシーンにおいて悪目立ちしない程度に落ち着いた服装のことです。男性の場合は、チノパンや暗めな色のパンツなどに、柄のない落ち着いた色のシャツなどが定番です。女性も、落ち着いた色のパンツやスカートに白シャツなど、派手ではない落ち着いた服装をすることがお勧めです。

その服装のまま働けると思われるような服装をしよう

登録会や顔合わせは、採用面接ではないのでリクルートスーツなどを着用する必要はありません。
スーツを着用するにせよ、オフィスカジュアルにするにせよ、「そのままの恰好で働くことができる」と、先方に思ってもらえるようなものを着用するのがポイントです。
男性であれば髭を剃るなどして身なりを整え、派手な装飾品は外します。女性であればナチュラルなメイクを意識して香水などもできるだけ控えるようにし、先方に変な印象が残ってしまわないようにしましょう。

その服装のまま働けると思われるような服装をしよう

派遣社員には採用面接がありませんが、登録会も顔合わせも大事なビジネスシーンのひとつです。社会人としてのマナーをしっかり守ったうえで臨むようにしましょう。