境界線は30歳!?女性の転職と年齢の関係とは?

「転職するなら早いほうがいい」という言葉をよく耳にしませんか?
女性の社会進出が求められている現代ですが、転職する際の年齢次第で転職活動に大きく違いが生まれます。
20代と30代では転職に関して何が違うのかを考えていきましょう。

20代と30代では求められるものが違う

就職活動を行う20代と30代の転職者に対し企業が求めるものはそれぞれ異なってきます、

20代の転職者は経験が浅くスキルもそれほど身についていないことが多いのですが、それだけに「仕事への意欲」や「向上心」を持っており、企業側もこの点に大いに期待しています。
やる気がある若い人材は自分で色々なことを吸収し、さまざまなことを自分から前向きに勉強すると受け止められます。
企業としては人を育てるという意味でも、20代の転職者が自ら成長する意欲を見せてくれることにとても期待をしているのです。

一方30代の転職者に対しては仕事への意欲や向上心はもちろんのこと、これまでの経験や知識を活かしてさらに飛躍できるかが求められます。
また、将来的に人を育てる資質を持っているか、チームワークを築く能力があるかなどのマネジメント能力も注目されやすいポイントです。

こう考えてみると、経験がある30代の人材に対しては多くのものが求められることが分かります。
早く転職したほうが良いと言われる所以はこのあたりにありそうです。

20代の転職

全ての人に当てはまるわけではありませんが、20代で転職しやすいと言われるのにはいくつか理由があります。

まず、経験が浅い人材のほうが色々な仕事を柔軟に受け入れることができ、「その企業の色」に染めやすいという利点があること。
この理由から、生涯をその企業で過ごし会社の成長のために活躍してもらうには若い人材を育てるほうが良いと考える企業が多いです。

ただし、気をつけたいのは「何度も転職を繰り返す」ということです。
20代でも数回転職をしている経歴があると「1つのことを続けられないのではないか?」と判断されてしまいます。
自分に「将来性」を感じてもらうためにも、意欲とやる気を見せることがとても大切です。

30代の転職

先ほどご説明した通り、30代の転職者に対しては20代に求められることは当然のこと、さらに高度なものを要求されます。

まず、人間としてどのように振る舞えるかが大きなポイントです。
人間トラブル、仕事のミス、転職者という不利な立場、などは再就職後の大きな壁となりますが、これらの問題を乗り越えて経験を活かし、人を育てることができる人間性があるかどうかが重要とされます。

次に、これまでの経験や知識を活かすのはもちろん、さらに向上心をもって突き進めるかも企業側が見抜きたい点です。
経験があるから何でもできるという慢心が垣間見えたり、知識はあるからと何も学ぼうとしない人材は扱いにくくなります。
30代が転職する際は「新しい職場になじむかな」という障害が多少なりともあるようですのでこの点に注意しましょう。

企業側の求めるものを理解する

62

20代と30代での転職は事情が変わるのは確かですが、だからといって焦ることはありません。
企業がその年代に求めるものを理解していれば、転職活動のやり方を上手に変えて対応することができるのです。
自分に何ができるか?どれだけの意欲があるか?しっかりアピールして自分のやりたい仕事を掴み取りましょう。