面接官にアピールするには? 子育てママのための志望動機の書き方

出産が終わり子供も少し大きくなってきたので、子育てをしながら再び社会で働くことを検討されているママもいるかもしれません。

実は履歴書を書く際、子育てママ特有の志望動機の伝え方というものがあります。
面接官の気を引くためにも、子育てママならではの注意点やポイントを理解し志望動機を伝えることをお勧めします。

子育てを強く押し出さない

子育てママの履歴書を見た場合「子育ての合間に働けそうなので」「育児中でも働きやすい職場ときいたので」といった子育てを全面的に出した志望動機が目立ちます。

それが駄目だという訳ではありませんが、余りにそれだけを全面的に押し出すと「シフトが上手く組めないのではないか」「中途半端に働かれるのではないか」と思われる採用担当者もいるのです。

したがって、子育てを強調した志望動機とするのは避けたほうが良いでしょう。
たとえ子育てママであっても「なぜその仕事に興味を持ったか」「なぜその仕事がやりたいか」の仕事に焦点を充てた志望動機も述べ、その上で子育ての事情も織り交ぜていくことが無難です。

特に正社員採用の面接の場合は、仕事に焦点を当てた志望動機が大切になります。

子育てのことも伝える

前述した通り、仕事に焦点をあてた志望動機も述べる必要はあります。

ただ、子育てのことを全く伏せることは避けて下さい。
実際に働き始めた後、トラブルの原因となることがあります。

例えば「保育所に迎えにいかなくてはならないため○○時までしか働けません。
「母子家庭(シングルマザー)のため、学校行事や子供が病気の際などは帰宅させてほしいです。
といった制限事項は事前に履歴書の備考欄に記載しておくのが良いでしょう。。

一方で「家族が子育てを手助けしてくれているので比較的自由に働けます」「子供が小学校高学年になり手が掛からなくなったので残業できます」といった子育てに困っていない状況であれば、それも伝えておきましょう。採用する会社からしても、懸念事項が減ることに繋がります。

ポジティブに記載する

ポジティブに記載する
「子育て中ですが頑張ります」「ブランクがありますが頑張ります」といった言い回しは、どこか後ろめたさや言い訳のように感じてしまいます。採用側がネガティブなイメージを持ちかねません。

子育て中のママの場合には「子育て中だと採用されないのではないだろうか」「ブランクがあると不利になるのではないだろうか」と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
できるだけ前向きに考え、ポジティブな志望動機として述べることをお勧めします。

子育てママにとって志望動機の書き方も重要ですが、面接では何よりも常識の範囲で大人の女性らしい所作や言葉遣いを心掛けてください。

また子育てのことに触れてもポジティブな態度を見せることで、面接官に良い印象を与え採用に繋がることでしょう。