派遣として働く前に行う「顔合わせ」とは? どんなことをするの?

派遣会社から紹介された会社と話を進めていくと、企業を訪問することになります。
派遣会社によってこの訪問は「顔合わせ」や「事前面談」とも呼ばれており、就業する前に、希望する企業の担当者と面談することが目的です。

この顔合わせはどのような意味があるのでしょうか?
今回は顔合わせの意味と、顔合わせの日の流れをご紹介します。

顔合わせとは

顔合わせと面接を同じように考えてしまいがちですが、この場合では違う意味を持ちます。
面接は正社員としての就業を希望する場合に行われ、面接を受けた後に採用・不採用の知らせを待つことなります。

一方で顔合わせは、派遣会社のスタッフが同席し、派遣先企業の担当者と実際に会って業務に関する打ち合わせを行うものです。
そのため、面接で落とされることはあっても、顔合わせで不採用になることは法律上ありません。

顔合わせでは、採用する側が求めている能力に合致していることを派遣会社のスタッフが説明してくれます。
自分を推薦してくれる人がいるので心強く思えるでしょう。

顔合わせは就業する前に行われる確認作業のようなもので1度だけです。
日時の調整は派遣会社のスタッフが行うため、直接派遣先と連絡をすることはありません。

顔合わせ当日の流れ

1.派遣スタッフと合流
顔合わせ当日は、まず派遣企業のスタッフと合流します。
顔合わせの15~30分前に、派遣先企業の近くで待ち合わせることになるでしょう。
待ち合わせ場所は改札前や駅の出口、駅前や派遣先の近所のカフェなどが多いです。

合流してそのまま顔合わせに向かうこともありますが、派遣スタッフと打ち合わせをすることもあります。
30分前に待ち合わせをした場合、打ち合わせをすると思っていて間違いないでしょう。その際、企業担当者に渡すスキルシートの内容に間違いがないかを確認したり、顔合わせの諸注意を受けることが考えられます。

2. 派遣先へ訪問(顔合わせ)
顔合わせの部屋に通され、企業担当者との挨拶をします。
着席したら、派遣スタッフが採用担当者へスキルシート(履歴書)を渡します。
事前に採用担当者がチェックしていることがありますが、新しいものを用意することが多いです。

自己紹介、職務経歴を説明します。
企業先が求めるスキルや経験と合致した点があればここで詳しく説明しましょう。

自己紹介が終わったら企業側から質疑が始まります。

【質疑例】
・今までにどんなソフトを使用していたか?(どのくらいPC技能を持っているか)
・エクセルは関数やマクロなどを使えるか?(どのくらいソフトを使いこなしているか)
・女性または男性が多い職場ですが気になりますか?(職場の雰囲気に対して迷いがないか)

企業からの質疑が終わると次に質問の有無について聞かれます。
ここで「ありません」と言ってもいいのですが、不明点があったり勤務時間が通常と異なる場合などは聞いておくことをおすすめします。

【例】
・業務の流れ
・残業の度合い
・勤務スタートはいつからを検討しているか
・勤務初日の流れ

質問が終われば、顔合わせは終了です。お礼をしっかりと伝えて退室しましょう。
顔合わせにかかる時間は20~30分が一般的です。

派遣として働く前に行う「顔合わせ」とは? どんなことをするの?

顔合わせで、不採用になることは原則的にありませんが、今後一緒に働くことを考えて失礼のないよう、身だしなみに注意して臨みましょう。

面談では、自分の積極性をアピールして好印象を与えておくと就業後も円滑にコミュニケーションがとれるはずです。
顔合わせをする際は、1日の流れを前もって把握し、落ち着いて行動、自己PRをしましょう。