派遣の選考を2社同時進行するのは違法? 失敗しない方法は?

派遣で仕事を探している人の中には、複数の派遣会社に登録している人が多くいます。複数の派遣会社に登録していれば、同時期に仕事を紹介されることもあります。

そんなとき、片方の紹介を断っていませんか?
自分に合った最適な環境で働きたいと思ったら、同時進行することをおすすめします。

なぜなら、選考・職場見学を同時進行しても法律違反にはならないからです。
ここではより良い会社を探すために、同時進行するときの会社探しの方法をご紹介します。

複数の派遣会社に登録して同時に選考を受けてもOK!

派遣で仕事を探す場合、複数の派遣会社に登録することが早く仕事を始めるコツです。
「複数の会社に登録すると、面倒なことになりそう」「断るのが申し訳ないから」と思って1社だけに止める人もいますが、それではより良い会社に勤務するチャンスを逃しているかもしれません。

冒頭で述べたように同時に複数の選考・職場見学をすることは違法ではありません。
選択肢が増えれば、それだけ希望に合った職が見つかる可能性も高くなります。

同時進行のメリット

複数の会社に登録すると同じ時期に案件を頂くことがあります。
しかし、どちらか一方を諦めるのではなく、無理のない範囲で同時進行しましょう。

・冷静な目線で会社分析できる
通常の就職活動の場であれば選ばれる立場になりますが、派遣社員として同時期に選考・職場見学を受けることで、自分が会社を選ぶ立場になり冷静に分析することができます。

・採用側のスケジュールにも対応できる
紹介してくれた派遣会社では1人だけ選ばれているとしても、職場見学に行くと他の派遣会社からも見学者が着ている場合があります。
そうなると、面接後に結果の知らせをもらうまでに1週間や10日かかることも珍しくありません。

採用側のスケジュールに左右されていると、自分が希望していた勤務開始日などとズレが生じてしまう恐れがあります。
同時進行していれば、スケジュールの読めない会社の影響を受けるリスクが減りますよ。

同時進行の注意点

派遣会社から案件が紹介されると「他社で進んでいる選考はありますか?」と聞かれることがあります。その際はどう答えるのが適切でしょうか?
「できるだけ嘘はつきたくない」というのが心情だと思いますが、これには、話し方の上手い人と苦手な人で答え方を分けるのが望ましいです。

・話すのが上手な人
嘘はつかずに正直に「ある」と説明します。そしてさらに「御社の案件が第一希望であること」「できるだけ早く選考が決めてほしいこと」を付け加えて返答をしてください。

《例文》
「はい、あります。一番良い話を最初に頂けたところにお願いしようと考えています。ただ御社から頂いたこの案件が第一希望なので、このお話をできるだけ早く進めて頂けたら嬉しいです」

・話すのが苦手な人
心苦しいかもしれませんが「ない」と伝えましょう。ないと伝えながらも「応募している案件はあって、今後の予定に変化があるかもしれない」ということだけ念を押しておきましょう。

《例文》
「いいえ、他の選考は今ありません。ですが、応募している案件があるので、そのお話が進展したらお知らせします。」

派遣の選考を2社同時進行するのは違法? 失敗しない方法は?

同時進行することに問題はありませんが、職場見学の際はあまり日程を詰めすぎないように注意しましょう。
情報の事前準備や頭の整理もできないまま、派遣先の採用担当者と会うことになります。

冷静に会社を分析して後悔のない決断をするためには、2~3日ほど間を空けるのがおすすめです。
1社目が終わった後に、冷静に見つめなおして会社を比較できるスケジュールを組むようにしましょう。