面接前に要確認! 長さ別・好印象を与える女性の髪型

就職活動では第一印象がとても大切です。清潔感のある身だしなみを心がけたいもの。
女性にとって髪型も重要な要素になります。
今回は、就職面接で好印象を与えるステキなヘアスタイルの作り方を紹介します。

ショートヘア

ショートヘアは、明るく元気な印象を演出してくれる髪型です。
髪が目元や顔にかかっていると暗い印象を与えてしまうものなので、前髪はななめに流すようにし、横の髪は耳にかけるなどして耳を出したほうがより清潔感がアップします。
髪にうまく流れがつかない場合にはヘアピンを使ってもOKです。

ただし、ピンが前からバッチリ見える髪型は幼い印象を与えてしまいますので、ヘアピンを使う時には髪にうまく隠れるように工夫しましょう。
おじぎをしたときに髪型が崩れて、それを面接中に直すのはあまりよい印象を与えません。
ワックスやスプレーなどを使ってきっちりと髪型をキープしておくのがオススメです。

ミディアムヘア

ミディアムスタイルといえば「前髪ぱっつんのボブスタイル」が人気ですが、これは就活ではNGの髪型です。
眉や耳が隠れるため小顔効果のあるボブスタイルは、幼く消極的な印象を与えてしまう髪型です。

サイドの髪が耳にかかるボブは不衛生な印象になってしまいがちなので、就活中は前髪を流しておでこを出し、耳が出るようにするのが良いでしょう。
髪を束ねられる場合にはスッキリとまとめてしまったほうが清潔感のアップにつながります。

ロングヘア

ロングヘアの人は、髪をバサッと無造作に下ろした状態で就活に臨むのはNGです。
髪を後ろで束ねればフェイスラインがキレイに見えるので、知的な雰囲気になりますよ。

少し高い位置で髪をまとめたポニーテールは、快活な印象を与えやすくなります。
比較的堅い企業の場合は髪をひとつにまとめたほうが無難ですが、自由度の高い企業の面接ならばハーフアップの髪型もアリです。

髪は肩にバサバサとかからないよう後ろに流して、女性らしい柔らかい雰囲気を作ってみましょう。
ロングヘアの場合であっても、前髪を横に流して耳を出すスタイルは基本です。
おでこや耳が隠れないようなスタイルで清潔感を出しましょう。

就活ヘアスタイルの注意点

就活ヘアスタイルの注意点

髪を束ねる時のゴムやピンはできるだけ黒い色のものを使うべきですが、茶色や紺、灰色のものでもOKです。
派手な色のゴムやピン、シュシュやリボンのようなアクセサリーはできるだけ避けましょう。

どんな長さの髪であっても、おでこや耳を出すスタイルは就活の基本と言えます。
見た目で損してしまわないよう、清楚で快活な印象を与えるような髪型を心がけましょう。