目指せ快適通勤! 通勤用自転車を選ぶときのポイント

小回りが利く・運動不足解決になる・環境に優しいといった利点から、自転車通勤を選ぶ方が増えています。
会社帰りに買い物をした荷物を積んで走れることから、通勤に自転車を利用する方も多いようです。

自転車は種類によって乗り心地や取り回しが変わるため、目的に応じて選ぶことが大切です。
ここでは、通勤用自転車選びのポイントをご紹介します。

自転車を買う前に何を重視するかを決めよう

現在、自転車は安いもので1万円以下で購入することができます。

ただし、変速のギアの数が少なかったりと選択肢は限られます。
自分の好みに合わせた自転車を購入するのなら、3万円から5万円を用意しておくのが良いでしょう。

また、自転車を選ぶ際は「何を重視するか」が重要になります。
スピード、安定性、コスト、耐久性、駐輪スペースといった項目のどこに重点を置くのかによって、選ぶべき自転車のタイプも変わってきます。

街中でもガンガン走れる「クロスバイク」

スピード性を重視するなら、クロスバイクがおすすめです。
シルエットはマウンテンバイクに似ていますが、12kg程度と自転車の中では軽い部類に入ります。

そのため、女性にも扱いやすい自転車です。
フロントとリアの両方にギアが付いているものもあり、加速性は非常に高く、漕ぎ出しもスムーズ。
あっという間にスピードに乗ることができるので、爽快感は一番かもしれません。

省スペースを目指すなら「ミニベロ」

目指せ快適通勤! 通勤用自転車を選ぶときのポイント

ミニベロはタイヤの大きさが24インチ以下の小型の自転車です。
おしゃれなデザインのものも豊富にあります。
駐輪スペースに困っているという人におすすめの自転車です。

街の中で乗っても快適に走ることができるように設計されているので、満足感が高い
自転車と言えます。また、タイヤが承継なため漕ぎ出しが楽という特徴もあります。

街中の万能タイプ「シティサイクル」

シティサイクルは、俗にいう「ママチャリ」タイプの自転車です。
重量もクロスバイクやミニベロに比べて重く、漕ぎ出しのときは少し苦労します。

しかし荷物を運べる、初心者でもカスタマズしやすい、低価格で購入可能といったメリットもあります。
大きな鞄を持ち歩く必要があるなら、シティサイクルはおすすめです。

今回ご紹介した種類以外にも荒れ道に強いマウンテンバイク、収納だけでなく持ち運びにも便利な折りたたみ自転車などがあります。
自分の目的や好みにあった自転車を選んで、快適な自転車通勤をしましょう。