求人数が多くなる? 派遣登録は3月が狙い目

これから派遣社員として働き始めたいという方は、まずは人材派遣会社に登録することになります。
派遣社員の求人数は、時期によって変わってきます。

派遣登録するタイミングは年間を通じていつでもできるのですが、やはり求人数の多い時期のほうが条件に合う派遣先の選択肢が増え、スムーズに仕事が決まりやすくなると言えるでしょう。
では、派遣社員の求人数が増えるのはどんなタイミングなのでしょうか? 具体的に見ていきましょう。

新年度に向けて求人が増える2~3月

日本社会では官公庁や学校はもちろん、ほとんど民間企業でも4月から新しい年度が始まります。
新年度には組織変更を行う企業が多く、それに向けて2~3月に新たな人材の採用を行うケースも多いです。

また、4月からの転職に向けて退職者が増える時期でもあり、中途採用や派遣社員など即戦力となるスキルを持つ人材の補充を行う企業も多いのがこの時期です。
こうしたことから、2月から3月にかけては正社員、派遣社員ともに年間を通じて求人数が多くなっています。

また産休を取得する女性社員には、引き継ぎがスムーズに行いやすい4月から産休に入るというケースが多くなっています。
産休代替派遣の求人数も、2~3月は比較的多くなる時期だと言えるでしょう。

短期間の派遣求人は長期休暇シーズンに多い

求人数が多くなる? 派遣登録は3月が狙い目

一つの派遣先で契約を更新しながら長期的に働くという働き方だけが派遣社員の働き方ではありません。
中には、家族や自分の都合に合わせて短期間だけ集中して派遣で働きたいという方もいるでしょう。

また、職場のわずらわしいしがらみを避けて効率的に働きたい、いろいろな職場を見てみたいという方もいるかもしれませんね。
そんな人におすすめなのが、短期的な派遣求人です。

期間限定の仕事の求人数は、正規雇用の人が夏休みや年末年始休暇などを取得することの多い時期に増える傾向があります。
一時的に人手が足りなくなりやすい時期に、派遣社員を増員することでスムーズに仕事を進めるというわけです。

8~9月にも派遣求人が増える

4月に新年度が始まってからしばらくの間は、一般的に求人数が減る傾向があります。
その後再び求人数が増えるのが8月から9月にかけてです。

転職する人には夏のボーナスをもらった後のタイミングで退職するケースが多いため、夏ごろは欠員が出やすい時期となっているのです。
また、下半期に向けて大きな組織変更を行うため、夏以降に新たな人材を求める企業も多いです。

先ほど「夏は短期の派遣求人が増える」とお伝えしましたが、一方で長期的な派遣先を探す人にとっても夏はチャンスが多い時期なのです。
以上、派遣の求人数が増える時期についてお伝えしました。
派遣登録後、スムーズに派遣の仕事を始めたいという方は、派遣登録する時期についても注目してみることをおすすめします。