3年経ったらどうなるの? 知っておきたい派遣の3年ルール

景気の低迷が続き、日本の企業は派遣社員や契約社員といった非正規雇用なくしては成り立たなくなってきています。しかし、派遣社員には「同じ組織には3年まで」という決まりがあります。派遣社員は3年経ったらその職場からは去らなくてはならないのです。つまり派遣社員は同じ職場で3年働いたら、次の職場を探さなくてはならないとも言えます。
今回は、派遣社員なら知っておきたい3年ルールについて確認していきましょう。

派遣社員の3年ルールとは?

派遣社員の3年ルールは以前からありましたが、2015年に労働者派遣法が改正され内容が少し変わりました。
法改正の目的は、派遣労働者の固定化を防ぐこと。「短期間の人手不足解消のために存在するのが派遣社員であり、長期間来てほしい人材なら直接雇ってください」という内容に変わったのです。
派遣として働き続けたいという方は別として、非正規雇用で働きている方が正規雇用に変わると言ったという狙いもあったとされています。

そのため、派遣社員は「同一組織には3年まで」というルールができたのです。同一組織なので、たとえばAさんがある企業の経理課に派遣されて3年後、同じ企業の総務課に勤務先が変更になるというのはルール的にはOKです。Aさんが派遣社員のまま経理課で3年を超えて働くことはできませんが、Aさんが働き始めて3年経った後、同じ派遣会社からAさんに代わりBさんが同部署に入るのはOKです。
以前は3年ルールが適用されない専門26業務というものがありましたが、2015年の法改正でなくなりました。
例外として、派遣会社で正社員として採用されているなど、無期限雇用の人には3年ルールは適用されません。
混同されがちですが、契約社員の5年ルールは「有期労働契約の人が通算5年を超えたら無期労働契約への転換を申し入れることができる」というもの。2013年4月1日以降の契約から適用されるので、対象者が現れるのは2018年4月以降です。

派遣社員を取り巻く実情は?

3年経ったらどうなるの? 知っておきたい派遣の3年ルール

2015年の労働者派遣法の改正は派遣社員の固定化を防ぐのが目的でしたが、派遣先の企業に直接雇用される人はあまり多くないのが現状です。
企業にとって、最も大きなコストは人件費だと言われています。

ただし、派遣の働き方のスタイルにも変化が見られてきており、最初から直接雇用を念頭に置いた「紹介予定派遣」や、契約社員として特定のプロジェクトに参加するタイプなど、派遣の3年ルールに縛られない働き方も登場しています。

派遣社員として働くことにおいてメリット、デメリットのどちらともあります。また、従来とは違うスタイルの働き方も登場して選択肢は増えています。自分のライフスタイルに合った働き方を選んでいきましょう。