Suica機能付きクレジットカードで通勤がもっと便利に!

交通系ICカードの先駆けとして2001年に登場して以来、すっかり私たちの生活に定着したSuica(スイカ)。
現在では全国ほぼどこの鉄道でも利用できるばかりか、電子マネーとしても多くの場面で利用可能です。
Suica定期券を使って通勤している方も多いでしょう。

通勤に使うのであれば、普通のSuicaカードではなく、Suica機能の付いたクレジットカードを利用するのがおすすめです。
どんなメリットがあるのかや、定期券として利用可能なカードにはどんな種類があるのかをご紹介します。

Suica機能付きクレジットカードのメリット

Suica機能付きクレジットカードのメリット

・オートチャージが簡単に
便利なSuicaですが、チャージするのをうっかり忘れていて残額不足で改札で止められてしまうという経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。
オートチャージは、設定した金額を残額が下回ると自動的にSuicaにチャージされるサービスです。
Suica機能付きクレジットカードなら、申し込み時や駅のATMなどで利用の開始および停止、金額設定や変更が手軽に行えます。

・デポジットが不要
SuicaやSuica定期券のみのICカードを持つ場合、デポジット(預り金)として500円がかかります。
カードを使用停止すれば払い戻されますが、使用している間は常に500円を預けていることになります。
これはICカードの使い捨てを防止するための制度で、Suica機能付きクレジットカードの場合はデポジットは不要です。

・通勤に使えば使うほどお得
クレジットカードなら利用するたび、ポイントが貯まるのでお得です。
ビューカードの場合、定期券の購入やオートチャージの利用はポイント3倍となっているため、通勤のために利用するだけでポイントがたくさん貯まるのがうれしいですね。

・ビューカードならモバイルSuicaもお得!
定期券とは別に、スマホでもSuicaを電子マネーとして利用したいという人は、ビューカードでモバイルSuicaに登録すれば年会費が無料です。

通勤用ならこれ! 定期券として利用できるクレジットカード

Suica定期券機能付きクレジットカードなら、駅の券売機で定期券情報を書き込むことで定期券として利用できます。
定期券とクレジットカードが一つになれば複数のカードを持ち歩く必要がなくて便利ですね。
定期券機能が利用できるカードには、以下のようなものがあります。

・ビュースイカカード
基本的なビュースイカカードです。
年会費477円(税抜)で利用できます。

・ビュースイカリボカード
リボルビング払い専用のビュースイカカードです。年会費無料です。

・ビューゴールドプラスカード
さまざまな優待や特典が利用できるゴールドカードです。年会費は1万円です。

・ルミネカード
ルミネや新宿駅のNEWoMan(ニュウマン)の店舗、オンラインショップ「i LUMINE」でのお買い物が5%オフになるカードです。
年会費は953円(税抜)初年度年会費無料です。

・アトレビュースイカカード
アトレやアトレヴィでのお買い物や食事の際のJREポイントが3倍になるカードです。
年会費は477円(税抜)初年度年会費無料です。

通勤にSuicaを使っている人なら、ポイントのことを考えればSuica機能付きクレジットカードにするのがやっぱりお得です。
利用方法やライフスタイルに合わせてカードを選んで、1枚持ってみてはいかがでしょうか。