正社員から派遣社員への転職はあり? 向いている人・向いていない人

働き方が多様化している中、正社員から派遣社員への転職を考えているという方もいます。派遣社員への転職において、どういったところに気を付けるべきなのでしょうか。
ここでは、派遣社員についてと正社員から派遣社員への転職が向いている人、向いていない人を紹介します。

派遣社員とは?

まずは、派遣社員について理解しておく必要があります。
派遣社員は実際に勤務する会社と直接契約を結ぶわけではありません。派遣会社と雇用契約を結ぶため、給与の支払や福利厚生などは派遣会社が行うことになります。このため、業務の指示などは派遣先の会社から行われます。

正社員などの働き方と比べると雇用形態が不安定でメリットが少ないように思えますが、正社員の頃よりも充実した働き方をしている方もいます。
では、実際にどんな人に向いているのでしょうか、以降でご紹介します。

派遣社員への転職が向いている人

・仕事以外にも自分の時間を持ちたい人
正社員は残業が発生することも少なくありません。なかなかプライベートの時間が持てないと悩んだり、毎日自宅と会社の往復のみで充実感がないという方もいるでしょう。
このような状態から脱したいと思ったら派遣社員がおすすめです。派遣社員は比較的残業が少ないですし、職場を選べばほぼ残業なしで帰ることもできます。

「仕事をしながら資格の勉強をしたい」「副業と両立をしたい」というように、明確な目的がある方に向いています。また、派遣社員はアルバイトで働くよりも時給が高いため、給料が急激に下がって生活が困窮する恐れも低いです。

・自分の都合に合わせて休みが取りたい人
俳優を目指して舞台の稽古や公演で休みを取りたいなど、不定期に仕事を休まなければいけない場合に派遣社員が向いています。
正社員となると有給休暇はなかなか取得しづらいものです。特に、休みたい日の直前に有給休暇の申請をした場合、周囲からひんしゅくを買ってしまう恐れがあります。しかし、派遣社員であれば職場の選び方次第でシフト調整がしやすく、有給も取りやすくなります。

・仕事内容や勤務時間などを選択したい人
派遣社員の場合、職種内容・勤務地・勤務時間などを自分の希望に合わせて選ぶことが可能です。
場合によっては、正社員としてなかなか就職できないような会社で働くこともできますし、未経験でも新しい職種に就くこともできます。

派遣社員への転職が向いていない人

・責任のある仕事をしたい人
何かのプロジェクトをまとめたり、その部署を引っ張るリーダーとして重要を仕事に就いたりするには正社員でなければいけません。責任感を伴う仕事がしたいという方には派遣社員は向いていないでしょう。

・収入をアップさせたい人
派遣社員と事務職などの正社員と収入面を比較した場合、単純な時給計算では派遣社員とあまり大差がないこともあります。ただ、正社員の方がボーナスや昇給もあるため、収入をアップさせたい方には派遣社員よりも正社員でいることのほうが、高収入が見込めるでしょう。

派遣社員への転職が向いていない人

以上のように、派遣社員で働くことにはメリット・デメリットもあります。今後どのようなライフスタイルを送りたいかによって、働き方を選択してみるのも良いでしょう。
自分の目的に合ったもの、ライフスタイルにあったものであれば派遣社員にも十分にメリットがあります。
ご自身の今後の展望や、派遣社員と正社員のメリットを比較しつつ、働き方を検討してみてはいかがでしょうか。