働くならどちら? ブラック企業の正社員とホワイト企業派遣社員

一般的に派遣社員よりも正社員のほうが給与面や安定面でも待遇が優れています。しかし、正社員でもブラック企業となると働くのはどちらが良いのでしょうか。
ここでは、ブラック企業の正社員とホワイト企業の派遣社員を比較して違いを紹介していきます。

一般的な正社員と派遣社員の違い

“正社員”とは正規雇用であるため、雇用期間に期限がありません。
毎月の給与の他にボーナスが支給されたり、住居手当や扶養手当などの福利厚生がしっかりと適用されたりします。

派遣社員は人材派遣会社と契約を結びます。雇用の期間を決めるのは派遣会社と派遣先の企業です。このため雇用期限の権限は派遣会社にあります。給与面では、アルバイトの時給より高いことが多いですが、ボーナスがなく昇給もあまりありません。
たとえ、正社員と同じ内容の仕事をしていても収入面で差が生じます。
正社員と派遣社員を比較した場合、一般的には正社員のほうが待遇面で優遇されていると言えるでしょう。

ブラック企業の正社員とは?

ニュースで取り上げられるようなブラック企業では、残業は当たり前で拘束時間が長く、残業代が支払われないこともあります。このとき、労働時間を時給計算すると、正社員よりも派遣社員やアルバイトのほうが高い時給となるケースもあるようです。
有給休暇はあっても、使うことができないだけでなく、休日の休みも取れずに出勤するということもあるくらいです。

待遇面では優れていると考えられる正社員ですが、ブラック企業だとあまり正社員であることのメリットがないと言えます。

ホワイト企業の派遣社員とは?

ホワイト企業の場合、景気が悪くボーナスや昇給がなかったとしても、残業代は支払われますし、残業も多くありません。
こういった、人材のマネジメントで優れているホワイト企業で働く派遣社員は、同じ会社の正社員と給与を比較すると大きく差が生じますが、ブラック企業の正社員と比較すると大差ないケースもあります。
またホワイト企業の派遣社員は希望に沿ったシフトを調整しやすく、残業があったとしてもしっかり残業代も支払われます。
ボーナスや福利厚生がなくても、時間の調整がしやすいため、資格取得のための勉強時間やプライベートの時間を確保したい人などにとって、大いにメリットがあると言えるでしょう。
また、ホワイト企業の派遣社員から正社員になる人もいるようです。自身のライフスタイルに変化があり、正社員になりたいと考えていた場合には、これほど喜ばしいことはないでしょう。

働くならどっち?

ブラック企業の正社員、ホワイト企業の派遣社員を比べてみると、一概にも正社員のほうが優れているとは限りません。雇用形態の違いによって生じる健康面への影響を考えると、派遣社員のほうが優れている状況もあると言えます。

どんなライフスタイルを形成したいかによって、メリット・デメリットの捉え方は変わってきます。ブラック企業の正社員よりもホワイト企業の派遣社員のほうのメリットが多いという方も少なくないでしょう。
自分がどんな働き方をしたいか、どのメリットを大切にしたいかをしっかり考え、選択することが大切です。

働くならどちら? ブラック企業の正社員とホワイト企業派遣社員

一般的に正社員の方が派遣社員よりも待遇が優遇されていると言えます。しかし、ブラック企業の正社員とホワイト企業の派遣社員を比べてみると、必ずしも「正社員のほうが良い」とは言えません。今回ご紹介した、正社員と派遣社員の特徴をふまえて、どんな働き方をしたいかを考えて後悔のない選択をしましょう。