新入社員必見! GWの過ごし方

新入社員にとって、入社後最初の大型連休がGW(ゴールデンウィーク)です。慣れない仕事を経験し、疲れ果てているところへやってくる連休ですので、できれば目いっぱい遊んでリフレッシュしたい! と考えている方も多いでしょう。
楽しむことも重要ですが、GWの過ごし方でその後を左右することもあります。ここでは、新入社員にとってのGWの有益な過ごし方と、GW明けから実践すべきちょっとした仕事術について紹介します。

GWの過ごし方

GWは毎年4月末から5月の頭にかけての大型連休。学生時代であれば旅行をしたり友人と遊ぶことに目を向けがちですが、新入社員であれば楽しむことばかりではいけません。大型連休を使って、スキルアップを目指しましょう。

周囲と差をつけるチャンスであると考える

周囲が遊んでいるGWを使うことで、差をつけるチャンスであるととらえましょう。人が頑張っているときに自分も頑張るだけでは、他人との差はゼロです。会社で頭角を現すには、ほかの社員より優れているものを持つ必要があります。
語学で差をつけたいのであれば、語学学習、専門的なスキルを身につけたいのであれば、資格取得のための勉強など、ほかの人が「休んでいる」間も動き続けることで、差をつけることができるのです。

目標は適度なものに

差をつけようと躍起になって、実現不可能な計画を練るのはいけません。たとえば連休のすべてを勉強に当てて休みをとらなければ疲れてしまいますし、精神衛生上よくないのです。挫折した場合自信をなくし、5月病になる可能性もあります。そうならないためにも、休む時間や楽しむ時間をしっかりと確保して、バランスの取れた計画を立てるようにしましょう。

GW明けからの仕事術

GWの時期はまだ入社後一か月の新人です。GWでスキルアップに力を入れたとしても、そつなく仕事をこなすことは難しいでしょう。仕事で失敗をして上司に叱られることもあると思います。
新入社員は成長途中なので、しっかりと基礎を固めることが重要です。

・メモを取る
文字で書くことで深く理解できるようになります。備忘録にもなりますし、話を聞いているのがわかるので、上司の評価が上がる可能性もあります。

・わからないことは聞く
わからないことがあれば自分で勝手に判断せずに、上司に質問しましょう。自分にならできると考えてはいけません。GW明けは入社後1か月です。仕事の雰囲気に慣れたとはいえ新人ですから、謙虚な気持ちで質問しましょう。

新入社員必見! GWの過ごし方

GWの過ごし方で、新入社員のその後は左右されます。向上心を忘れず自分磨きをして仕事に励むようにしてください。