転職したばかりなら気を付けたい! 五月病の原因と対策

五月病の原因や症状はうつ病とよく似ていますが、五月病はうつ病ではありません。きちんと対策すれば短期間で解消することができます。
ここでは、転職や就職で新生活を始めた皆さんのために、五月病の原因や対策方法について紹介します。

五月病とは

新生活に適応するための気苦労が原因で、精神的に参ってしまうことを言います。その症状が顕著になるのが、新生活が始まって1ヵ月が経過した5月であることが多いので、「五月病」と呼ばれているのです。

では、まず五月病がどのようなものなのか、その症状を見ていきましょう。

【肉体的なもの】
・胃痛
・めまい
・食欲がなくなる
・不眠

【精神的なもの】
・抑うつ状態
・不安感がつのる
・焦りや苛立ちを感じる
・やる気がでない

症状がうつ病と似ているので間違われやすいですが、五月病はうつ病ではありません。主に慣れない環境へのストレスが原因ですので、環境に慣れてしまえば自然と治りますし、そうでなくても対策を練ることで、短期間で解消します(もしも改善しなければうつ病の可能性がありますので、精神科を受診してください)。

五月病の原因

・残業が多い
・新しい人間関係に気苦労が多い
・生活環境ががらりと変わった
・想像していた生活と現実の生活とが違い過ぎる

また、五月病になりやすい人の性格は以下のとおりです。

・内向的
・真面目
・責任感が強い
・完璧主義
・感情表現が苦手

などです。自分が当てはまっていると思ったら注意が必要です。

五月病チェック

自分が五月病になっているかどうかをチェックすることができます。

・なんだか人と会うのが面倒くさい
・すぐに自信がなくなる
・眠りが浅く、寝つきが悪い

・ファッションなど身なりに気が回らなくなる
・通勤や通学の時間が近づくと体調が悪くなる
・好きだったものに興味が湧かなくなる
・無口になる

以上の項目に複数当てはまる場合は五月病の可能性があります。しっかりと対策を練って、五月病を治していきましょう。

五月病の治癒方法・対策

五月病は一時的なものがほとんどです。だいたいは時間が解決してくれます。
しかし、ポイントを押さえて生活するように心がければ、治るのも早くなります。

【五月病のときに心がけたいこと】

・暗い話を聞かない
ニュースや新聞、映画や小説を見たり読んだりする場合は、できるだけ暗い内容のものは避けることがおすすめです。

・夜は早く布団に入る
眠れないからと夜更かししたり、起きられないからと朝寝坊することは避けましょう。規則正しく生活することは五月病を改善する方法のひとつです。

・気分が盛り上がるような音楽を聴く
音楽だけではなく漫画や小説など、できるだけ明るく気分の盛り上がるものを選ぶようにしましょう。また、何か小さなものでいいので、目標を作ることも気分を盛り上げる方法です。

・体を動かす
水泳やウォーキングをすることで、脳内のセロトニンの働きが活性化され、気分が盛り上がります。

・思いつめない
真面目な人ほど五月病にかかりやすく、またそれをきっかけにうつ病を発症させやすくなります。力を抜くことを覚えてひとりで抱え込んだりせず、他者の助けを求めることも大事です。

・セロトニンが多く含まれているものを食べる
バナナや乳製品には多くのセロトニンが含まれており、それらを食べることで脳内のセロトニンを補うことができます。

転職したばかりなら気を付けたい! 五月病の原因と対策

五月病は時間が経って環境に慣れていけば自然に治りますが、改善しなければうつ病につながる恐れがあります。ここで紹介したことを参考にして五月病をふっ飛ばし、元気に新生活を送ってください。