派遣社員でも! 貯金アップの方法を紹介します

仕事以外の自由な時間を持ちたいという気持ちから派遣社員を選んだという方もいるのではないでしょうか。しかし、なかなか貯金にまでお金をまわすことは難しいですよね。有益な時間を過ごすためにはお金も必要です。そこで、派遣社員であっても貯金アップを目指せる方法をいくつか紹介します。

強制的に貯金する

貯金したいと思っていても、給料日前はお金がなく貯金どころじゃない! と思っている方も多いと思います。そこで、強制的に貯金する方法を紹介します。毎月決まった日に自動的にお金が引き落とされる預貯金システムを利用することです。給料日の次の日くらいに設定しておくのがいいでしょう。

例えば、20万円の給料が入ったとしましょう。そこから1万円を預金システムにまわすと残りの19万円。ここでポイントなのは、初めから給料は19万円だと思い込むことです。最初から生活費は19万円と思っておけば案外その範囲で生活できるものですよ。1万円は多すぎると思えば、7000円でも5000円でも構いません。無理せず生活できる額に設定しましょう。月に5000円ずつ貯金したとしても年間で6万円貯金することができます。

スキルアップを目指す

派遣社員の給与は幅広く、特殊なスキルを持っていれば給料のアップも目指せます。派遣会社にはスキルアップをサポートする福利厚生があるところもあるので、挑戦してみましょう。
どんな福利厚生があるのかを調べ、スキルアップにつながるスクールがないか探してみましょう。

派遣以外の収入源も作る

正社員にも副業を認める企業が増えてきています。1つの仕事からの収入だけでなく、複数の収入源を作る時代になっているのです。

正社員と比べて派遣社員は自由な時間が多くあります。派遣の仕事時間を増やすのではなく、派遣の働き方の特徴を活かして時間を有効的に使うのです。例えば、自宅でできるアフィリエイトやイラスト、ライティングなど得意なことをクラウドソーシングのマッチングで仕事にすることもできます。派遣以外の収入はすべて貯金にまわすと考えておくと自然に貯金もアップしますよ。

スマホ料金を見直してみる

貯金ができないと言いながら、毎月通信料に数万円と、かなりのお金をかけている方もいます。パソコンを使っている方はWi-fiも活用して、スマホのデータ定額を下げることも可能です。年間で2万円近く削減することができます。月々の支払いが2000円以下で使える格安スマホも増えてきています。削れるところを削っていけば、浮いた分を貯金に回すことができますよ。

派遣社員でも! 貯金アップの方法を紹介します

以上が派遣社員でもできる貯金アップのコツです。自由な時間と増えた貯金を活用して、日々の生活を充実したものにしていってください。