5月だけじゃない!6月病という心の病

6月病というのを聞いたことがあるでしょうか。5月病は有名ですが、最近では新人研修が6月に終わる企業が多く6月になって職場に配置されることが多くなっています。そこで実際の仕事に直面し、知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまうことで、6月病が発症するのです。
ここでは、6月病の概要やその原因、そして6月病を避けるためのポイントなどを紹介します。

6月病とは

6月病は5月病と同じで、医学的に言うところの「適応障害」です。進学や就職で周囲の環境や生活スタイルが一変し、そのことによるストレスが原因で心身にいろいろな症状が出てきます。また、季節の変わり目であり、梅雨になりジメジメとし始める6月の気候も発症原因のひとつであると言えるでしょう。

6月病の症状は以下のとおりです。

・食欲がなくなる
・睡眠が浅くなる、不眠
・暴飲暴食が増える
・出勤や通学前に吐き気や腹痛を催す
・めまいがする
・おなかの調子が悪くなる
・疲労感が取れない
・肩こりや頭痛がひどくなる
・寝起きが悪い
・いらだつ
・気分が落ち込む
・原因不明の不安を感じる
・やる気が出ない、集中できない

基本的に5月病と同じ症状が出ます。あてはまる項目がいくつかある場合は6月病である可能性があるので注意しましょう。

6月病になりやすい人の特徴

新生活を始める新入社員や新入生に多く見られる6月病ですが、部署移動や転職をした中堅社員なども6月病にかかってしまうことが多くなっています。

6月病になりやすい人の特徴は、5月病と同じで、主に几帳面でまじめな完璧主義者。また、考え込むタイプの人も6月病になりやすいと言われているため、普段から考えすぎないようにすることが肝心です。ストレスを感じ始めたら、いったん考えるのをやめ、少しくらい力を抜いても大丈夫だと自分に言い聞かせるようにしましょう。

6月病対策

6月病にならないための対策を紹介しましょう。日頃から意識することで、6月病はもちろん、5月病やうつ病対策にもなります。

・仕事とプライベートを切り替える
まじめな人には仕事とプライベートの切り替えが苦手だという人が多くいます。そのため、意識的に切り替えるよう心掛けることが必要です。趣味を持つなど、帰宅後に仕事のことを考えずに済むようにしておきましょう。

・運動をする
脳を元気にする神経伝達物質である「セロトニン」。適度な運動をすることでそのセロトニンを増やせると言われています。症状が重くなると体を動かすのもおっくうになってしまうので、できるだけ症状が軽いうちから体を動かす習慣をつけておきましょう。

・食事や睡眠をしっかりととる
セロトニンを摂取するためには、バランスのいい食事が必要です。またセロトニンを作り出す必須アミノ酸の「トリプトファン」は魚や肉などのたんぱく質食品に多く含まれていますから、それらを中心的にとることもおすすめです。
食事に加えて、睡眠を規則的にとることでもセロトニンが分泌されるとも言われているので、毎日5~8時間の睡眠をとるように心がけましょう。朝日を浴びることで規則正しい睡眠パターンを作ることができますよ。

5月だけじゃない!6月病という心の病

周囲に6月病にかかったと思われる人がいたら、無理に励ましたり、事情を追求したりすることは避けてください。いろいろ聞かれることでもストレスを感じてしまうことがあるので、そういう人が周囲にいる場合は、さりげなく気遣うか、あまりにも症状が重そうであれば医療機関へ連れて行くなどの対応をしてあげてください。