派遣にも種類がある! 「登録型派遣」と「常用型派遣」について知ろう

一口に派遣といっても、その中に「登録型派遣」と「常用型派遣」という2つの働き方があることをご存じでしょうか?
同じ派遣でも、登録型と常用型では働くスタイルが変わってきます。
2つの違いを知って、自分に合ったスタイルを選べるようにしておきましょう。

いわゆる派遣社員!「登録型派遣」とは?

一般的に派遣社員というと、人材派遣会社に登録して、スキルマッチした会社に赴いて仕事をする、というイメージがあると思います。そのいわゆる派遣社員の働き方のイメージにあたるのが、「登録型派遣」というタイプです。
就労規則や命令系統は派遣先企業に従いますが、賃金や有給、福利厚生などは人材派遣会社から受けることになります。基本的に時給制で、働いた分だけ賃金をもらう仕組みです。
苦情や意見などがある場合に派遣先企業に直接言う必要はなく、派遣会社のスタッフが間に入ってくれるのが登録型派遣ならではのメリットのひとつであると言えるでしょう。また多くの企業を経験できるので、スキルアップにもつながるというメリットもあります。
多くの登録型派遣は期間が区切られているため、自分のスタイルに合わせて働くことができますが、契約期間が終わると次の仕事を探さなくてはならず、収入が不安定になりやすいというデメリットもありますので知っておきましょう。

人材派遣会社の正社員!「常用型派遣」とは

人材派遣会社に正社員または契約社員として採用され、そこから派遣先の企業に赴くという働き方が「常用型派遣」というタイプです。
常用型派遣では、勤務先が派遣先企業になります。この際、人材派遣会社の社員という扱いになりますから、給与は月給制です。有給休暇はもちろん、登録型派遣では得られないボーナスや昇進などの、正社員ならではの待遇を得ることもできます。

派遣先との契約期間が終わって次の仕事まで間があっても、雇用契約は人材派遣会社と結んだままの状態です。そのため次の仕事が見つかるまでの間にも給料が発生します。このことも常用型派遣の大きな特徴です。登録型派遣と違い、収入面でも安定していると言えるでしょう。

常用型派遣ではスキルが収入にそのまま直結するので、高いスキルを持つ人ほど高収入を得られる傾向があります。また、常用型派遣は特定のプロジェクトのために集められるケースが多く、その際未経験でもプロジェクトに参加できるため、スキルアップのスピードが早い傾向にあります。

常用型派遣は数年ごとに違う会社でプロジェクトに関わります。そのためいろいろな会社で通用するスキルを身に付けることができるのもメリットと言えるでしょう。
デメリットは、登録型よりは長期とはいえ1~3年で勤務先が変わるので、新しい環境に適応するためのコミュニケーション能力がない場合に難しいスタイルであるということです。また専門的なスキルを求められるので選考基準が比較的厳しい、という点などがあります。

派遣にも種類がある! 「登録型派遣」と「常用型派遣」について知ろう

自分のスタイルに合わせて働ける登録型派遣と、自分のスキルを活かせて収入の安定が図れる常用型派遣について紹介しました。
この2つの雇用形態は性質が大きく異なるため単純に比較することは難しいです。
専門的なスキルや強みを持っていて、それを活かして安定した収入を得たいと考えるのであれば、常用型派遣のほうがいいと言えます。逆に、自分のライフスタイルを優先したいのであれば、期間が細かく区切られた登録型派遣を活用するのがいいでしょう。