派遣社員でも有給は取れる! 有給休暇の基礎知識

派遣として働いている人の中には、「有給休暇は正社員のもの、派遣は取れない」と思っている人も多いようです。確かに派遣社員と正社員の待遇は異なりますが、有給休暇は派遣社員でも取ることができる、労働者の正当な権利なのです。
そこで、今回は派遣社員の有給休暇の基礎知識について確認しておきましょう。

取らないと有給は消えてしまう? 有給休暇とは

正社員の特権のように感じる有給休暇ですが、実は派遣を始めアルバイトやパートといった短時間労働でも、有給の取得は労働者の権利として認められています。
労働基準法では「雇い入れの日から6ヶ月間継続勤務した場合、かつ、その間の全労働日8割以上出勤した場合に最低10労働日分が付与される」と定められており、決して正社員のみの権利だとは書かれていません。

有給は働き始めて6ヶ月経った時点で10日もらえ、その後1年ごとに1日ずつ増えていきます。働き始めて1年6ヵ月で11日、2年6ヵ月で12日というように増えていき、6年以上になると20日まで取ることが可能です(フルタイム勤務の場合)。
しかし、最初にもらった10日は取得から2年後、働き始めて3年目には消滅します。2年目にもらった11日も、付与から2年、働き始めて4年目に消滅となります。
有給にはタイムリミットがあり、ため込むことはできません。また、有給の買い取りは禁止されているので、「消えてしまうなんてもったいない」と思ったら、しっかり使いきるよう計画しましょう。

有給は派遣先が変わっても持ちこせる!

派遣の雇用主は派遣会社です。派遣先での勤務が短期間、また定期的に変わったとしても、同じ人材会社の仕事を連続して続けていれば、有給は次の職場へも持ちこせます。ただし、1カ月以上間が開くと、有給の条件である「継続勤務」が満たせなくなり、有給も消滅するので注意してください。

また派遣の場合、雇用主は派遣会社になるので、有給の申請を考えているならまずは派遣会社へ相談しましょう。有給取得のルールや申請方法などについて、教えてもらえます。
有給の取得については、派遣会社が派遣先と話し合いをしてくれるところもありますが、派遣先との日程調整は基本的に自分でおこないます。
有給取得の基本は、派遣会社に連絡後、派遣先に相談という流れです。

有給を認めてくれなかった場合は?

万が一、会社側が有給を認めてくれなかった場合はどうしたらいいのでしょうか?
有給は労働者の権利ですから、会社側に拒否する権利はありません。
そのため、基本的には有給の申請は認められます。

問題になるのは、有給を申請したのに欠勤扱いになり、賃金が支払われていなかった場合です。
有給を取得したにも関わらず賃金が支払われなかった場合は、労働基準法39条6項違反になります。会社に対し是正勧告を出してもらうには、労働基準監督署へ相談しましょう。

ただし、会社には「時季変更権」と呼ばれるものがあります。
これは、従業員が有給休暇を取ることが、事業の妨げになると判断された場合、使用者が従業員の有給休暇の時季を変更することができる権利です。
時季変更権はあくまで、会社側が有給利用する日を「別の日にしてほしい」と持ち掛けるだけのものなので、従業員が有給を取れないということはないはずです。

派遣社員でも有給は取れる! 有給休暇の基礎知識

有給の賃金は派遣会社持ちなので、派遣先は日程調整さえできればすんなりOKを出すところが多いようです。
有給は労働者の権利ですから、使うか使わないかはあなた次第になります。有給取得を考えているなら、まずは派遣会社に相談してみましょう。