夏の汗染み対策! 自宅でできる汗染み落とし

これからの季節、暑くなって汗を大量にかいてしまうことが多くなると思います。通勤・帰宅時の満員電車、炎天下での外回りなど、どうしたって汗をかかずにはいられません。そのような生活が毎日続けば、自分の臭いも気になるでしょうし、白いシャツの襟もとやわきの下に黄色く汗染みができることもあるでしょう。汗染みは人に見られると恥ずかしいですよね。
ここでは夏の汗染み対策をご紹介します。

汗が目立ちにくいシャツ

ワイシャツの汗染みや臭いを防ぐ基本的な方法として、汗が目立ちにくい、または抗菌作用のあるシャツを着用するというのがあります。
抗菌作用のあるシャツは汗の臭いの原因である細菌の繁殖を防いでくれるので、しっかり防臭することができるでしょう。
また、撥水加工が施された汗染み防止のシャツもあり、わきの下が汗で濡れるなどを防いでくれます。
インナーに抗菌作用のあるシャツを着て、その上に撥水加工のシャツを着ることで、汗染みの発生を大幅に抑えることができるでしょう。

汗染み対策

汗染み対策に役立つグッズや方法をご紹介します。

・脇汗パット、汗取りインナー
衣類のわきの下の部分に着用し、汗染みを防ぐためのグッズが脇汗パットです。男性用女性用など、いろいろなタイプの脇汗パットが市販されています。従来は使い捨てのものが主流でしたが、現在では洗うことで何度でも使えるものが人気です。また、脇汗パットが初めからついている汗取りインナーというシャツもあるのでチェックしてみましょう。
ただ、汗の量が多いと小さなパットでは汗をカバーしきれないので、汗の量が多い人は大きめのものを選ぶようにしてください。

・制汗剤
スプレータイプのものから、ジェルタイプのものまで、現在では幅広いタイプの制汗剤が販売されています。
汗の量が軽度であればスプレータイプで汗を抑えられますが、多汗症であったりワキガであったりするなら、ジェルタイプもしくはクリームタイプのもののご利用をおすすめします。

・シャツの乾かし方
臭いや黄ばみの原因は汗から発生した細菌によるものです。細菌は主に水分で生きているので、汗をかいたり洗濯をしたりした後は、できるだけ早めにシャツを乾かしてしまいましょう。水分の供給を断つことで細菌の発生を抑えることができます。

汗染み落とし

細菌が繁殖したまま放っておくと、やがてその部分は黄色くなり、そこに汚れが付着して黒ずんでしまいます。
黒ずんだ汗染みは、汚れが染みを覆っているので単純に漂白剤を使うだけでは落とすことができません。まずは汚れを落としましょう。

【汗染みを落とす手順】
① 中性洗剤を汗染み部分につける
台所洗剤などの中性洗剤を汗染みに直接つけます。色つきのシャツなどの場合は色落ちしてしまうことがあるので、洗剤のつけすぎに注意しましょう。汗染みが頑固な場合は使わなくなった歯ブラシなどでこすると効果的です。

② 漂白剤につける
中性洗剤を水で洗い流してから、漂白剤につけます。酸素系漂白剤を使うようにしましょう。40~50度くらいのぬるま湯に漂白剤を溶かし、そこに衣類を30分程度つけておきます。

③ 洗濯する
最後に通常通りの洗濯をおこないます。

この手順でやれば、だいたいの汗染みは落ちるはずです。
どうしても落ちない頑固な汗染みに対しては手順の①の代わりに重曹などでもみ洗いするという方法があります。

夏の汗染み対策! 自宅でできる汗染み落とし

以上が汗染み対策と、汗染みを落とすための方法です。
汗をたくさんかく季節がやってきますが、ここで紹介したことを参考にして、さわやかで清潔感あふれる生活を送ってください。