派遣社員は知っておきたい! 「離職票」とは?

失業給付は離職後の衣食住を支える非常に重要なものです。失業給付を受けられなければ、離職後の生活はままなりませんよね。そんな失業給付を受けるために必要な書類のひとつである離職票。次の仕事を見つけるためには、退職時に離職票をもらう必要があると言えます。それは派遣社員であっても同じことです。
ここでは、派遣社員にとっても非常に重要なものである失業給付と離職票についてご紹介します。

失業給付とは

まずは失業給付について説明しましょう。
失業給付は失業保険とも呼ばれているもので、失業時に支払われる給付金のことです。この給付金を受け取るには、雇用保険に入る必要があります。
雇用保険に加入する条件には「1か月(31日以上)の雇用が予想される」、「1週間の労働時間が20時間以上」というものがあります。派遣社員の場合、派遣会社のほうで加入させてくれていると思いますので、だいたいの方がクリアしているでしょう。

そのうえで、失業給付を受給するためには、以下の2つの条件をクリアしている必要があります。「働く意思があるのに就職できない状態である」「離職日以前の2年間で、トータル1年(12か月)以上雇用保険に加入していた」というものです。
失業給付の申請はハローワークでおこないます。ハローワークへ出向くことが上述受給条件の前者を満たすことにもなるのですが、その際に離職票が必要になるのです。離職票には2種類あり、そこに記載されている内容で失業給付の金額や支給開始時期が決定されます。

離職票の記載内容が重要

離職票には、「離職票‐1」と「離職票‐2」というものがあります。失業給付を受ける際には「離職票‐2」に書かれている内容が大切になります。
「離職票‐2」に記載されている内容は「退職する直前6か月間の給料」、「退職の理由」というものです。
失業給付金の金額は退職直前の6か月間の給料をもとに決定されます。そのため「離職票‐2」に記載されている「退職する直前6か月間の給料」が非常に重要になるのです。

また受給金額のほかに大切な要素である支給開始日は、「離職票‐2」に記載されている「退職した理由」をもとに決定されます。退職理由が「会社都合」であれば、申請手続きをしてから1か月程度で受け取ることができるようになります。
しかし、退職の理由が「自己都合」であると、申請してから3か月間は失業給付金を受け取れません。
正社員であるとリストラ以外の退職はすべて「自己都合」になります。つまり正社員は「会社都合」にできるパターンが少ないということです。
派遣社員であれば退職理由を「会社都合」にできるパターンが比較的多くあります。
派遣社員が退職理由を「会社都合」にできるパターンの例は以下の通りです。

・契約期間満了後、契約更新を希望したが更新できなかった。また新たな派遣先を紹介してもらえなかった。

・派遣会社に紹介された仕事が気に入らず、受け入れることができなったため1か月以上自分に合った仕事につけていない。

派遣社員であれば頻繁に遭遇するケースだと思います。上記のパターンであれば、退職理由を「会社都合」として認めてもらえ、離職票にもそう記載されるはずです。ハローワークに離職票を提出する前にチェックしてみましょう。

派遣社員は知っておきたい! 「離職票」とは?

ちなみに失業給付は派遣会社に登録したままでも受け取ることができます。会社都合で退職した方であれば、1か月後から失業給付を受け取れますので、受給しながら仕事の紹介を待つことができて安心ですね。

失業給付は次の仕事が見つかるまでの大事な収入源です。離職票を確認して、きちんと給付を受け取れるようにしましょう。