派遣社員必見! 女性が多い職場で気を付けたいこととは?

新しい職場に飛び込むというのは不安がつきもの。契約期間があり、新入社員のように同期と一緒に職場入りできない派遣社員であればなおさら不安は大きくなるでしょう。
特に女性同士というのは付き合い方や距離感の取り方が難しく、次の派遣先が女性の多い職場で不安になっているという方も多いと思います。
そこで今回は、派遣社員の方に知っておいてもらいたい女性が多い職場で気を付けるべきポイントをいくつかご紹介します。

女性の先輩との付き合い方

女性が多い職場には、往々にして「お局様」と呼ばれる存在がいるものです。お局様は周囲の女性を仕切っているリーダーのようなもので、その言葉の印象から「怖い人」というイメージを持ってしまうという方もいるでしょう。
しかし、逆にお局様に気に入られれば日々の生活はぐっと楽になります。とはいえプライドを捨てて媚びを売るだけではいけません。それではストレスになってしまいます。目を付けられないように気を付けるということです。

お局様に限らず、女性の先輩と接するときはきちんとポイントを押さえましょう。

・フランクになりすぎない
先輩ですから、よほど気が合うという場合を除いて、フランクになりすぎてはいけません。逆に過度な敬語も鼻につくので、接するときは自然体の言動を心がけましょう。

・自己主張は極力控える
自己主張もときには必要ですが、あまりやりすぎると「生意気」と受け取られかねません。謙虚な姿勢を忘れないでください。

・相手の発言はできるだけ肯定的に受け入れる
「でも」「だって」「だけど」など、相手の発言を否定するような発言はNG。相手の自尊心を傷つけないように注意しましょう。

・しっかりと仕事内容を理解して、仕事の依頼を安請け合いしない
何か仕事を頼まれたときは、即答で「やります!」と言ってしまわないようにしましょう。心証はよくなるかもしれませんが、あとあと仕事でわからないことがあったときなどに、質問しづらくなります。わからないのに依頼を受けたと思われて、印象が悪くなりますよ。

女性の先輩と付き合うには、とにかくまずあなたの好感度を上げることが大切です。

女性の先輩と休憩時間がかぶったら

場合によっては仕事中よりも緊張する時間が、休憩時間ではないでしょうか。休憩時間ということで気が抜けてしまい、仕事中よりも注意を受けてしまうということもあるでしょう。
休憩時間が女性の先輩とかぶってしまったときの注意点は以下の通りです。

・きちんと椅子に座る
緊張感を持って背筋を伸ばせ、という意味ではなく、足をテーブルの上に投げ出したり、大股を開いて貧乏ゆすりしたりなど、だらしない姿で座らないということです。最低限のマナーを守りましょう。

・携帯ばかりいじらない
休憩時間にメールやSNSのチェックをする方は多いと思いますが、先輩がいるのに携帯ばかりいじっているのは失礼です。べらべらしゃべり続けるのが良いという訳ではありません。相手への配慮として、たまに軽い話題を振るくらいのことはしておいたほうがいいでしょう。

・先輩が出したごみも一緒に捨てる
弁当やお菓子のごみは、自分のものだけを捨てずに先輩の分も一緒に捨てるよう心がけましょう。そのような細かい心遣いが伝われば、先輩もあなたを悪くは思わないはずです。

派遣社員必見! 女性が多い職場で気を付けたいこととは?

以上が、女性の多い職場に派遣されたときに気を付けるべきポイントです。仕事以外のところでこれほど気を付けなければいけないのかと思うと大変そうですが、社会人としてのマナーにあてはまるものも多いのでそれほど難しくないと思います。
きちんとポイントを押さえて長く楽しく勤務してくださいね。