残暑でも意外と多い! 9月の熱中症対策

9月と聞くと「夏ももうすぐ終わり」という印象を持っている方も少なくないでしょう。しかし、まだまだ残暑が厳しい季節ですから、油断してはいけません。
気温はそれほど下がっていきませんし、真夏の暑さで消耗してしう身体は想像以上にダメージを受けてしまっていると予想されます。油断していると簡単に熱中症になってしまうかもしれません。
ここでは、9月に注意したい残暑による熱中症対策についてご紹介します。

残暑による熱中症

9月とは言え、まだまだ暑さは続くもの。それでも9月になったら「夏が終わり、秋が来た」と思ってしまい、暑さ対策を怠ってしまう恐れがあります。そんな9月のイメージと現実とのギャップで引き起こされるのが、残暑による熱中症です。
7月や8月などの夏真っ盛りの間は気を付けて水分補給などをしていても、9月は「秋になった」というイメージから、こまめな水分補給をあまりしなくなります。その結果、脱水症状や熱中症などになってしまうのです。
9月は7・8月と同様に暑さ対策をおこなわなければいけません。しかし、夏の間に暑さにさらされていた身体は想像以上にストレスを溜めており、胃や腸が弱っている恐れがあるため注意が必要です。胃や腸が弱った状態で、真夏と同じような水分補給をしてしまうと、逆に身体を壊してしまう恐れがあります。

残暑による熱中症への対策法

9月の水分補給のコツは、水分量ではなく、水分やミネラルのバランスに注意しなくてはいけません。
そこでおすすめするのが、弱った身体でも比較的簡単に水分を吸収しやすい「キュウリ水」です。
キュウリは「体を冷やす性質のある野菜」だと言われています。また水分やビタミンC、カリウムやミネラルが豊富に含まれており、熱中症対策に重宝される食べ物なのです。
「キュウリ水」の作り方は、キュウリ1本を輪切りにして、2リットル程度の水の中にいれるだけ。30分程度冷蔵庫に入れておけば完成します。そのまま飲むと青臭く感じるという方は、レモンなどを薄く切って入れてください。青臭さが消えて飲みやすくなりますし、レモンによってビタミンCが増加しますよ。

気を付けたい残暑バテ

熱中症のほかにも、気を付けたいのが残暑バテです。
9月は昼夜での気温差が激しくなります。朝晩と日中とで、10~15度近くの気温差が発生することも少なくありません。また、日中暑いからとエアコンの効いた場所に長くいたり、冷たい飲み物や食べ物ばかり摂ったりすると、自律神経や内蔵機能の乱れにつながり、残暑バテになりやすくなると言えるでしょう。

夏の暑さで疲弊した体は、しっかりと休めてあげる必要があります。
残暑バテになりにくくするためのコツをいくつか下にあげておきますので、参考にしてください。

・しっかりとした睡眠
いつもより早めに寝たり、昼寝をしたりするなど、しっかり身体を休めてあげてください。

・栄養をしっかり摂る
ビタミンB1を多く含んだ食べ物をおすすめします。
ビタミンB1が不足がちになると、疲れが取れにくくなり、残暑バテの原因になります。

・軽い運動をする
残暑バテ対策には軽い運動を行うことも大切です。
無理のない程度に、「部屋の中を掃除する」「掃除機をかける」といった軽い運動を取り入れるようにしましょう。

残暑でも意外と多い! 9月の熱中症対策

9月になっても辛い暑さはまだまだ続きます。秋だからと油断せずに、暑さ対策を忘れずにおこないましょう。また、残暑厳しい9月を乗り越えるためには、7・8月のうちからしっかり暑さ対策をおこない体力を維持することが大切ですよ。