悩むOL

派遣社員で働こうと考えている人のなかには、「派遣社員の給料で一人暮らしができるのだろうか」と悩んでいる方も少なくないでしょう。
派遣社員の多くが時給制で、住宅手当をもらえないケースがほとんど。
そのため、一人暮らしは難しいと考えてしまうもの。
しかし、ポイントをおさえれば派遣社員でも一人暮らしをすることができます。
ここでは、派遣社員が一人暮らしをするためのポイントをご紹介します。

固定出費を計算しておく

まず家賃と電気・ガス・水道、そして通信費の出費を「固定出費」として計算しましょう。
東京23区で一人暮らしする場合、賃貸物件の家賃はだいたい6万円(20㎡)だと言われています。
通信費は人それぞれですが、約6000円が平均です。ですが、この金額は格安スマホが生まれたために、1万円近い人と2・3千円の人がいることでこの金額が出ているものと考えられます。余裕をもって1万円と考えておきましょう。
そして、電気・ガス・水道は合計1万円で考え、さらに1ヵ月の食費や生活用品、衣類などの費用も踏まえておく必要があります。

また、派遣社員は派遣先の条件にもよりますが、交通費が支給されない場合もあります。これも固定出費として計算にいれておきましょう。

例として、次の金額で仮定して計算してみましょう。
家賃:6万円
電気・ガス・水道費:1万円
食費:4万円(1日1300円と仮定して30日で39000円のため)
日用品・衣類代:1万
医療保険など:5千円
交際費:1万円
通信費(スマートフォン代):1万円

以上で月の固定合計は、14.5万円となります。しかし、当然、衣服を買えば1万円という金額はオーバーしますし、インターネット回線の契約をする場合もありますし、外食が増えれば5~6万円かかることもあるでしょう。このため、さらに2~3万円余裕を持った金額の約15万円を出費すると考えておくことが大切です。

・固定出費から時給の最低ラインを決める
1人暮らしの家賃相場は手取り金額の1/3と言われています。家賃6万円と家庭した場合、手取り18~20万円くらいが妥当と言えるでしょう。
仮に時給1500円とした場合、
一か月の給与は
1500円×8時間×20日=240000円
ここから社会保険料や所得税が引かれるため、およそ20万円程度と考えて良いでしょう。
このため、家賃6万円の部屋で一人暮らしするには時給1500円が最低ラインだと言えます。
最近の東京23区内の派遣社員の時給は1600円前後だと言われています。先の金額を考えると、無駄な出費などをしなければ一人暮らしは十分できると考えられるのです。

・コツコツ貯金できる生活をする
1人暮らしに関係なく、生きていればいつまとまった出費が必要になるかわかりません。友人の結婚や出産などでお祝いをあげることもありますし、自分の結婚など喜ばしいイベントの他にも、病気で仕事を休まなければいけない事態に陥るかもしれません。
1人暮らしでは、つねに急な出費が生じたときの対策として、コツコツ貯金をすることが大切です。
貯金はある程度蓄えができたら、旅行や趣味にお金を使う余裕が生まれますよ。

笑顔の女性

派遣社員は時給で住宅手当がないからといって、1人暮らしを諦めてはもったいないです。
せっかく働いているのですから、自分の理想的なライフスタイルを築いてみてはいかがでしょうか。
自分の収支のバランスをしっかり見つめることができれば、仕事も一人暮らしも趣味もトラブルなく過ごすことができますよ。