派遣エンジニアとして働きたい! 知っておきたい情報まとめ

派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらいながら派遣先企業に勤めていくことになる派遣社員という働き方。

雇用期間にも定めがあり、期間が終われば別の企業を紹介してもらい、勤務地を変えながら働きます。
次の仕事を紹介してもらえるまでの期間は仕事がない状態になり、正社員と比べて安定はしていません。

しかし、エンジニアはそんな派遣社員の中でも安定した仕事に就くことができると言われています。
ここでは、比較的安定していると言われている派遣エンジニアという働き方の概要や未来についてご紹介します。

登録型派遣と常用型派遣の違い

派遣エンジニアが安定している理由を紹介する前に、まずは「登録型派遣」と「常用型派遣」について説明します。

【登録型派遣】
登録型派遣というのは、いわゆる「派遣」のことです。働こうとする方が派遣会社に登録、雇用契約をして、仕事を紹介してもらいながら働きます。
派遣社員が雇用契約を結ぶのは派遣会社になりますので、給料の支払いや勤怠管理をおこなうのも派遣会社です。

派遣先の企業はあくまで業務に関する指示や命令を下すだけで、派遣社員とは契約を結んでおらず、選考の際にも面接や履歴書の提出を要求することができません。
派遣会社と結んだ雇用契約期間と同じ期間だけ、派遣先の企業に勤めることになり、期間が終われば別の企業を紹介してもらうために、再度派遣会社と雇用契約を結びます。
安定した仕事を得ることはできませんが、その分自分のライフスタイルに合わせて仕事や勤務時間などを選べるなどのメリットがあります。

【常用型派遣】
常用型という名前のとおり、「派遣会社の社員」として常時雇用され続けます。
登録型派遣の場合、派遣先企業での勤務期間を終えると派遣会社との雇用契約も切れます。
そのため次の仕事を紹介してもらえるまでは給料がない状態になってしまうのですが、常用型派遣ではそのようなことがありません。
「派遣会社の社員」として派遣されるため、派遣先企業での勤務期間が終わっても、派遣会社から給料が支払われ続け、登録型派遣と比べて安定した生活を送ることができます。
一般的に常用型派遣で紹介される仕事は、研究機関、情報技術や開発部門、設備の工事管理など、専門性の高い職場が多いです。

特に理系の専門技術や知識を必要とした仕事を紹介される傾向があります
(高齢化に伴い介護や福祉系の仕事を紹介されることもありますが、どちらにしても専門知識や資格を必要とした仕事が多くなります)。

エンジニアも専門知識を必要とした仕事になります。
そのため派遣で働く際も、比較的安定した常用型派遣の形態で仕事をすることが多くなるのです。

登録型派遣と常用型派遣の違い

派遣エンジニアのメリット

常用型派遣で働くことができる派遣エンジニアにはいろいろなメリットがあります。
派遣エンジニアとして働くことのメリットをいくつか紹介しましょう。

・ いろいろな経験が積める
派遣先に雇用される常用型派遣だとしても、派遣社員には変わりません。
ひとつの企業にずっと務め続けるわけではなく、いろいろな企業に派遣されることで、正社員では得られないようなさまざまな経験をすることができます。
特にエンジニア技術は日進月歩で発展していきます。
場合によっては技術の最前線にいる企業に派遣されることもあり、そこでたくさんのスキルや知識を得ることもできるのです。

・ いろいろな人に出会える
いろいろな経験と同様に、たくさんの人と出会うことができるのも派遣エンジニアの大きなメリットです。
正社員として働くのであれば、会社の先輩社員の指導を受けることになりますが、派遣エンジニアであれば業界のいろいろな人から指導を受けられます。
より多くの意見を聞き自分の視野を広げられることは、エンジニアとしてスキルアップしていくうえで大いに役立ちます。
またいろいろな勤務地で出会った人々との人脈を築けることも大きなメリットになると言えるでしょう。

・ ライフスタイルに合った働き方ができる
これは「派遣」で働くことの大きなメリットです。
企業との直接雇用で働く正社員に比べ、期間や勤務地、勤務時間などを自由に選べる派遣エンジニアは自由に働けると言えます。
例えば結婚や出産、引っ越しなどでライフスタイルに大きな変化が出たとしても、変化に合わせた仕事選びが可能になるのです。

・ 業務内容を選べる
正社員であれば、就職した以上、会社から与えられる業務をこなしていくことになりますが、派遣エンジニアは業務内容を選んで仕事を選ぶことができます。
また雇用期間も決まっていますので、いつまでも同じ仕事を延々とやり続けることもありません。
自分がやりたい仕事をやりたい期間を選んでおこなえるというのも派遣エンジニアの大きなメリットでしょう。

・ 高収入を得ることも可能
現在、ネットやSNSの急速的な拡大や多種多様化により、IT業界は盛り上がっています。
IT業界の派遣の時給も上昇しており、派遣エンジニアとして働けば高収入も夢ではありません。

派遣エンジニアならではの経験やスキルの豊富さや、人脈の広さなどの武器がある派遣エンジニアは、現在IT業界で重宝されている存在なのです。
会社や働き方によっては正社員よりも年収が高くなる可能性もあります。

派遣エンジニアのメリット

派遣エンジニアのデメリット

メリットが多い派遣エンジニアですが、もちろん知っておくべきデメリットもあります。

・ 年収は正社員に劣ることが多い
そもそも「派遣社員」は勤務先である企業と直接雇用契約を結んでいない非正規雇用労働者です。
ボーナスはもらえないという可能性もあり、交通費に関しても「時給に含まれている」というケースがあります。
また、時給制であることのデメリットとして、年末年始やゴールデンウィークなど、祝祭日が多い時期は、休みが増える分だけ収入が減ってしまいます。
月によっては正社員をしのぐ給料をもらえることもある派遣エンジニアも、年収で見ると劣っていることがほとんどです。

・ 福利厚生がないことも
年収が少ないことのほかに、福利厚生の面でも正社員に劣ることが多くなります。
産休や育休などの待遇を望むことは難しいかもしれません。

・ 派遣切りがある
企業の業績によっては、人件費削減としてリストラがおこなわれることがあり、正社員であっても完全に安心して働けない時代です。
倒産を逃れるために真っ先に切られてしまうのは非正規雇用の派遣社員だというケースが多くみられます。

・ 雇用期間に期限がある
2015年に派遣法改正法が施行され、エンジニアの派遣などの特定派遣(常用型派遣)においても「派遣期間は同じ職場において3年を上限とする」と定められました。
つまり、快適な職場環境で、できれば長い期間そこで働きたいと思っても、3年以上勤めることができなくなったということです。
3年経ったら別の職場を探さなければいけなくなります。

登録型派遣とは違い、新たな仕事を探すまでの期間にも給料が支払われますし、仕事の紹介もそれほど難しくないかもしれません。
しかし、定期的に職場が変わることは、派遣社員として働く方の性格や仕事に対する耐性が重要になってきます。

派遣エンジニアにも上記のようなデメリットがあります。
デメリットを帳消しにするためにも、派遣エンジニアとしてのメリットをしっかりと活かしながら働くことが肝心であると言えそうです。

派遣エンジニアのデメリット”>

派遣エンジニアの今後

前述のとおり、2015年に派遣法が改正されました。
その結果、エンジニアなどを派遣していたいわゆる特定派遣(常用型派遣を専門におこなう形態の派遣)が廃止されることになりました。

今すぐに廃止というわけではなく、2018年ごろを目途にほとんどの特定派遣が廃止される見込みです。
廃止決定に至った理由としては、常時雇用が大前提の常用型派遣であるにもかかわらず、契約社員という名目で3か月単位などの雇用期間を設けるなどの業者が増え、派遣労働者の立場が不安定になっているという指摘が多かったというのが挙げられます。

この決定により、常用型派遣を専門におこなっていた特定派遣会社の多くが廃業を余儀なくされ、その派遣会社に雇われていた派遣エンジニアも働き方の変化を迫られることになるでしょう。

今後は特定派遣という枠組みはなくなり、すべてが「一般派遣(登録型派遣、常用型派遣の両方をおこなう派遣)」になります。
特定派遣会社は派遣会社を継続しておこなうには、2018年9月29日までに「一般派遣事業における許認可」を取得することが必要です。

今後常用型派遣を専門におこなう特定派遣会社は廃止になりますが、登録型派遣と常用型派遣の双方をおこなう一般派遣は残ります。
つまり一般派遣事業における許認可を取得した派遣会社であれば常用型派遣を利用することは可能です。

そうであれば、特定派遣会社もすぐに許認可を得てしまえばいいと考えてしまいがちですが、この許認可のための要件が厳しく、中小企業などの場合は取得することが容易ではありません。
その主な要件は以下のとおりです。

・ 賃借対照表での資産が2000万円×事業所数
・ 現金や預金の額が1500万円×事業所数
・ 雇用管理経験を3年以上持つ派遣元責任者を配置する
・ 20㎡以上の広さがある事務所

この要件を満たすことが難しく、そのため多くの特定派遣会社が廃業を余儀なくされると言われているのです。
これまで特定派遣会社に雇用されていたエンジニアは、廃業に伴い失職をすることになります。
すぐに一般派遣の会社に雇用されればいいですが、見つからない場合はその期間の収入がなくなります。

また、一般派遣会社にうまくシフトできても、前項で紹介したとおり3年以上同じ企業に勤務し続けることができません。
昇進やスキルアップなどが難しくなります。

特定派遣の廃止により、エンジニア業界で増加すると予想されているのが「偽装請負」です。
偽装請負というのは、契約書上は準委任契約(会社や個人〈委託者〉がエンジニアなど〈受託者〉に業務を委託すること)であるにもかかわらず、実際には委託者が受託者に対して指揮命令を出し業務をおこなうこと。
これは職業安定法第44条に定められている「労働者供給事業の禁止」や、労働者派遣法の「二重派遣の禁止」に抵触する違法行為です。
特定派遣の禁止によりこの一般派遣事業の認可を得られない派遣会社が偽装請負をおこなうようになることが懸念されています。

派遣エンジニアで働こうと考えている方、もしくは現在派遣エンジニアとして働いている方は、雇用される派遣会社がきちんと認可を受けている一般派遣会社であるか、しっかりと確認しておく必要があると言えるでしょう。

派遣エンジニアの今後

派遣エンジニアは常用型派遣で働くことが多くメリットが多い働き方ではありますが、派遣法の改正などにより、今後その働き方に変化が出てくるものであると言われています。
派遣エンジニアとして働こうと考えているのであれば、しっかりと社会の変化にも目を向けておく必要があると言えそうです。