事務系の求人を探している方必見! 仕事内容ってどんなのがあるの?”>

お仕事を探している方の中には、事務系のお仕事をしてみたいと思っている方も大勢いると思います。

事務系のお仕事は種類も豊富で、求人数も多いと言えるでしょう。しっかりと探すことで、自分に合った仕事内容の事務系の求人がきっと見つかるはずです。
ここでは、事務系のお仕事である「一般事務」「営業事務」「経理会計事務)」の3つをピックアップして、仕事内容や職種の特徴などについてご紹介します。

また、それぞれの職種の求人サイトもご紹介しますので、ぜひご活用ください。

一般事務

一般事務は、OA事務とも呼ばれ、主に営業資料や契約書などの各種資料の作成などをおこないます。
書類作成のほかにも、パソコンのデータ入力、ファイリング、コールセンターでのテレオペ(電話対応)、メール対応や来客対応など多くの仕事をこなします。
基本的に、社内で生じる事務処理をおこなう仕事です。
後述する営業事務のように専門的な業務内容はありませんが、会社によっては庶務や経理会計の仕事を任されることもあるなど、幅広い業務を任されるのが特徴です。

一般事務の特徴】
デスクワークが主になり、パソコンを使って仕事をすることが多くなります。
そのためエクセルやワードなどの基本操作ができるなど、ある程度のパソコンスキルは持っておいたほうが仕事をしやすくなるでしょう。
しかし、それほど難しい操作を求められることはありませんので、メールやインターネットの操作、ワードやエクセルなどの「基本スキル(文字入力、基本的な表作成などのスキル)」を持っていれば問題ありません。
その他特別に必要なパソコンスキルについては仕事をしているうちに身に付いてくるものです。
初心者だからといって、技術面の不足に関してそれほど心配する必要はないでしょう。

一般事務に必要なスキル】 
前述のとおり業務内容には電話対応や来客対応もあり、他者とコミュニケーションを取ることも多いです。
またほかの社員が何を必要としているのかを察する能力も必要になりますので、コミュニケーション能力やビジネスマナーを習得していて、気配りができる人が特に向いている仕事だと言えるでしょう。

一般事務は人気の職種です。未経験から始める方も大勢いますし、出産・育児・介護などで仕事から離れていた方が一般事務職で復職するということも多くなります。
その分ライバルも多くなりますので、パソコンスキルは事前に自分で勉強するなどして、ライバルと差をつけておくようにしましょう。

「一般事務」求人一覧ページ

営業事務

営業事務は、企業の営業担当者のサポートをするお仕事です。
社内会議用の資料やプレゼン資料などはもちろん、顧客用の資料、提案書、見積書なども作成、商品の在庫や売り上げ、納期管理などもすることになります。
そのため仕事内容も一般事務と比べて専門的です。

【営業事務の特徴】
来客対応や顧客からの電話対応、ときにはテレマ(テレフォンマーケティング:顧客に対して電話で販売促進すること)などをこなす必要があり、また営業担当者のサポートという職業柄、人とかかわる機会も一般事務より多くなります。
そのためビジネスマナーやコミュニケーションスキルがより重視されるお仕事です。
また営業事務は顧客との対応があるものの、基本的には事務仕事ですのでオフィスワークになります。
商品の在庫や売り上げ、納期などをしっかり管理できる、マネジメント能力のある人が向いていると言えるでしょう。

【営業事務に必要なスキル】 
顧客へのプレゼン資料を作ることもありますので、エクセルやワードだけではなく、パワーポイントなどのプレゼン用ソフトを使いこなせるスキルが必要です。
営業事務を目指している方は、エクセルやワード、パワーポイントなどのパソコンソフトで最低限のことができるように、就職前から少しずつでも勉強しておくようにしましょう。
また、海外の顧客に営業をする場合、書類作成の際に日本語のものを外国語(英語)に翻訳する必要が出てきますし、場合によっては営業担当者との間に入って通訳のような立場になる必要が出てくるかもしれません。
外国語のスキルを持っておくと有利です。

営業事務としてキャリアを積み上げていくことも可能ですし、経験を積むことで、後述する経理事務、英文事務、またマネジメント能力を活かして秘書になるなど、さまざまな道を切り開くことができます。
キャリア選択の幅を広げたいと考えている方におすすめの仕事であると言えるでしょう。

「営業事務」求人一覧ページ

営業事務”>

経理会計事務)

経理は、企業の記帳や決算書、収支明細や財産管理などを報告することで、企業の財務状況を把握することを目的としたお仕事です。
経営者や金融機関、税理士、会計士など、仕事内容を報告する相手は社内外問わず多数いますので、相手ごとに必要な情報をまとめて、いつでも渡せるように準備しておく必要があります。

情報処理、情報整理、情報提供などの能力が必要になるお仕事です。

【経理の特徴】 
経理のお仕事は営業事務のように会社の収支と直接関係のある仕事ではなく、会社の「財産」を扱うお仕事です。
そのため一般的に企業側は会計事務員を大人数配置しようとしません。
経理職への就職は比較的倍率が高くなる傾向があると言えるでしょう。

【経理に必要なスキル】 
多くの企業は財産管理にエクセルなどの表計算ソフトを利用します。そのためエクセルなどを使いこなせる基本的なパソコンスキルは必須です。
細かい数字を扱うことになりますので、計算が得意であったり、几帳面であったりする方に向いている仕事であると言えます。
また、非常にたくさんの重要書類を扱うことになりますので、片付けや収納などが得意であったり好きであったりすればストレスなく仕事をすることができるでしょう。

最近では海外へ進出企業も増えてきていますので、英文経理に対するニーズも高くなりつつあります。
英語ができるなどの語学力はグローバル化が進む現代ではどのような職種であっても重要なスキルであると言えますが、経理も例外ではありません。
英語力を身につけておくことで活躍できる分野も広がり就職や転職の際にも有利に働くことになりますので、勉強しておくといいでしょう。

経理の仕事に就くために必要不可欠な資格というものはありません。
無資格で実務経験なしであっても目指すことはできますが、簿記検定(2級以上が好ましい)などを持っておくと就職や転職の際に有利に働くので、可能であれば取得しておきましょう。

「経理」求人一覧ページ

経理(会計事務)

以上が、事務系のお仕事である「一般事務」「営業事務」「経理」のそれぞれの職種の仕事内容や特徴、必要なスキルです。
どの職種も事務系という点では同じですが、仕事内容はそれぞれで大きく異なります。一言で事務系と言ってもいろいろな種類があるのがわかりますね。

事務系のお仕事をお探しの方はここで紹介したことを参考に仕事探しをしてみてください。
事務系のお仕事は派遣でも多く紹介されています。
いずれ正社員になりたいという方は、紹介予定派遣を利用してみるのもいいかもしれませんね。