ボジョレーヌーボーとはどんなワイン?

毎年11月になると、テレビなどで「ボジョレーヌーボー解禁!」などのニュースを見かけることがあると思います。
ワイン好きの方であれば、ボジョレーヌーボーがどのようなワインなのかご存知だと思います。それほど詳しくない方でも、「なんとなく特別なワイン」程度の認識で、どのようなワインなのか知らないという人がほとんどでしょう。
ここではボジョレーヌーボーとはどのようなワインなのか、その概要についてご紹介します。

ボジョレーヌーボーとは

ボジョレーヌーボーは、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレーという地区で造られるワインのことです。「ヌーボー」はフランス語で「新しい」という意味があります。つまりボジョレーヌーボーというのは、「新しいボジョレー産のワイン」ということです。その年のブドウの出来具合を確認するための新酒であるとも言われています。

ボジョレーヌーボーはその造り方に特徴があります。「マセラシオン・カルボニック」と呼ばれる醸造方法です。日本語に訳すと「炭酸ガス浸潤法」となり、炭酸ガスを使ってブドウの発酵を速め、9月に収穫されたブドウを年内中にワインにすることが可能になります。

ボジョレーヌーボーとはつまり、特別な醸造法で造られた、ボジョレー産の新酒ということです。

ボジョレーヌーボーの解禁日

現在、ボジョレーヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日と定められています。2017年の解禁日は11月16日です。
この解禁日はどのようにして決められたのでしょうか。

もともとフランスのワインの解禁日は12月15日と定められていました(解禁日がある理由は、できるだけ早く出荷してしまおうと考える業者が増え、質の悪いワインが多く出回るようになったからだと言われています)。しかし9月に収穫されたブドウを使った新酒であるボジョレーヌーボーはその新鮮さが大切な要素です。12月に入ってから解禁されていては新鮮さが損なわれてしまいます。
そのためボジョレーヌーボーに限っては解禁日を1か月ほど早め、毎年11月11日を解禁日にすることにしました。
その日が聖人の日である「サン・マルタンの日」で縁起が良いという理由で11月11日になったのですが、のちに「サン・マルタンの日」が「無名戦士の日」に改められたため、解禁日は11月11日からもっとも近い聖人の日である11月15日(サン・タルベールの日)に移動されます。
しかし、11月15日と固定してしまうと、年によってはその日が土曜日や日曜日にあたってしまう可能性がありました。安息日には働かない習慣があるフランスの場合、解禁日が土日にあたってしまうとワインの売れ行きに影響がでてきます。その解決策として、フランス政府は1984年に「11月第3木曜日」という毎年日付が変動する解禁日を設定したのです。

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方

ワインはしばらく寝かせて熟成させてから飲むというのが常套的な飲み方であると言われていますが、ボジョレーヌーボーは新鮮さが売りです。
できれば年内中に飲んでしまうのがいいと言われています。
ボトルを寝かせて冷蔵庫に保管して、冷たくしておくのが美味しく飲むコツです。グラスは空気に触れる面積が少ないグラス、または飲み口がすぼまったタイプのワイングラスがおすすめです。お好みの料理などと合わせてお楽しみください。

ボジョレーヌーボーとはどんなワイン?

日本はボジョレーヌーボーの輸入量が世界一で、全生産量の4分の1が日本に輸入されていると言われています。つまり、比較的日本人の口に合ったワインであるということです。
普段ワインを飲まないと言う方も、今年はボジョレーヌーボーを飲んでみてはいかがでしょうか。話のタネになるかもしれませんよ。