いまさら聞けない!「七五三」とはどんなもの?

毎年11月には、七五三のために晴れ着を着て千歳飴を持った子ども連れの家族を目にする機会がしばしばあると思います。日本の晩秋の風物詩とも言える光景ですね。しかし、この七五三とはどういう行事なのか、実はあまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか? 今回は、七五三の意味や由来などについてご紹介します。

「七五三」は子どもの成長を祝う行事

七五三は子どもの成長を祝い、神社などにお詣りする行事です。
七五三という名のとおり、子どもが3歳と5歳と7歳になった年の11月15日にお詣りをする習わしとなっています。江戸時代から始まった行事で、以前は数え年の3歳と5歳と7歳でお祝いしていましたが、現代では満年齢でおこなう人も増えています。

なぜ3歳と5歳と7歳なの?

現代では子どもの年齢が3歳と5歳と7歳のときにおこなう一つの行事のようにとらえられている七五三ですが、本来はそれぞれの年齢でおこなう別々の行事でした。

・髪置きの儀(3歳の男女)
昔は小さい子どもの髪を剃る習慣がありましたが、男女ともに数え年で3歳になると髪を伸ばし始めました。その際におこなわれたのが「髪置きの儀」です。

・袴儀(5歳の男の子)
数え年で5歳になった男の子が男子の正装である袴を着用し始めるにあたっておこなわれたのが「袴儀」です。

・帯解きの儀(7歳の女の子)
数え年で7歳になった女の子は、れまでの紐付きの子ども用の着物に変わって、大人と同じ丸帯を使って本仕立ての着物を着始めます。その際におこなわれるのが「帯解きの儀(紐落としの儀)」です。

このそれぞれの儀式が由来となっているため、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に七五三のお祝いをするのが一般的ですが、現在では男女ともに3回すべてお祝いするケースも増えています。また、地域によって祝う年齢や内容がかなり異なっているようです。

11月15日に七五三詣でする理由とは

七五三はもともと、江戸時代に関東地方が発祥で広まった行事でした。
起源については諸説ありますが、天和元年11月15日に江戸幕府第5代将軍徳川綱吉の長男であった徳松の健康を祈願したのが始まりであるという説が有力です。これ以降、徳川将軍家では男子の「袴儀」を11月15日におこなうようになり、この日に子どもの成長を祝うのが次第に全国へ広まっていったと考えられています。

江戸時代の発祥なので、本来は旧暦の11月15日でしたが、改暦以降は新暦の11月15日におこなわれるようになりました。現在では日付にこだわらず、11月中の土日祝日などに七五三のお詣りをおこなう方も多いようです。

いまさら聞けない!「七五三」とはどんなもの?

七五三の意味や由来などについてお伝えしました。現代よりも幼児死亡率が高かった昔は、子どもの健やかな成長を願い祈ることには切実な意味が込められていたと考えらえます。現代でも、子どもたちの成長を喜び祝う親の気持ちは同じです。七五三詣での家族連れを見かけたときには、そんなことに想いを馳せてみてはいかがでしょうか。