短期間だけ働く! 単発派遣という働き方

派遣で働くことのメリットのひとつに「ライフスタイルに合わせて働ける」というものがあります。正社員ほど拘束される時間も少ないですし、アルバイトよりも時給が高い傾向があるなど、プライベートや趣味を優先したいという方にとって働きやすい形態です。
そんな派遣の仕事の中に、「単発派遣」というものがあるのをご存知でしょうか。短期間だけ派遣され働くスタイルの働き方です。
ここでは「単発派遣」という働き方の概要、メリットなどをご紹介します。

単発派遣とは

単発派遣とは、30日以内という短い期間だけ派遣社員として働くスタイルの派遣です。短期派遣、スポット派遣などと呼ばれることもあります。
30日の間に、週1~3日程度出勤するというのが一般的で、勤務日数が少ないというのが特徴です。
普通の派遣の仕事は週5日以上働くことが多いので、ライフスタイルにより合わせやすい働き方と言えるでしょう。

単発派遣で働くためには以下の条件を満たす必要があります。

・60歳以上
・雇用保険が適用を受けない学生以外
・年収が500万円以上
・世帯収入が500万円以上の主たる生計者(世帯年収の50%以上の収入がある人)でない方

自分が単発派遣で働けるかどうかは、派遣会社に登録する際の提出書類を見て会社側が判断してくれますので、あらかじめ確認しておくようにしてください。

単発派遣のメリット

単発派遣で働くことには、ライフスタイルに合わせやすいということ以外にもいろいろなメリットがあります。

・時給が高い
単発派遣の仕事を依頼する企業の多くが、どうしても人材を欲しいと考えている傾向があり、そのためすぐに人材確保するために時給を高めに設定していることが多いです。

・空いた時間の有効活用ができる
単発派遣は期間が30日以内なので、「旅行に行きたいから、家事の合間に働いてお小遣い稼ぎ」などのように、それ以降単発派遣として働く気がない場合でも働くことができます。

・仕事の掛け持ちができる
上記の条件を満たしていれば複数の派遣会社に登録して、複数の単発派遣の仕事をすることが可能です。

単発派遣のお仕事例

単発派遣のお仕事にはどのようなものがあるのか、代表的なものを紹介します。

・ショップのスタッフ
接客から商品陳列、レジ打ちなど、ショップのセール期間中などに多くなる仕事です。

・イベントのスタッフ
イベント会場の整理や、受付対応など、期間限定のイベントが開催される際に募集がかけられます。

・選挙の受付
投票日の受付業務や、選挙会場での誘導など、選挙が開催される際に期間限定で発生する仕事です。

短期間だけ働く! 単発派遣という働き方

以上で紹介したお仕事以外でも、ほかにもいろいろなお仕事が単発派遣として紹介されています。興味のある方は派遣会社に単発のお仕事について相談してみるようにしてください。