お歳暮の由来を知ろう! お歳暮を贈る際のポイントは?

社会人になったばかりという方の中には、「お歳暮をどうすればいいかわからない」とお悩みの方もいると思います。いったい誰に、どんなものを贈ればいいのでしょうか。
ここではお歳暮を贈る際のポイントを、お歳暮の由来とともにご紹介します。

お歳暮の由来

お歳暮とは「年の暮れ」を意味します。つまり、年末ということです。年末に、その1年お世話になった人たちに感謝の気持ちを込めて贈り物をするのが「お歳暮」です。
ルーツは中国にあると言われています。中国には、季節のお祭りごとに神様に対してお供え物を贈る習慣がありました。その習慣が室町時代ごろに日本に伝わり、正月にやってくる神様に対してお供え物をささげるという形で慣習化します。江戸時代には武士の組合の慣習(武士の組合の頭に対してほかの武士が贈り物をする慣習)として全国に広まっていき、明治時代が終わるころに今のようなお歳暮の形になりました。

つまり、お歳暮とはもともとお正月の神様(もしくはお正月に向けて先祖の霊)のためのお供え物だったというわけです。

お歳暮はいつ贈るべき?

お歳暮は季節の慣習行事です。そのため贈るタイミングが重要になります。
一般的に、お正月の準備を始める「事始め」の時期の12月13日~12月20日がお歳暮を贈るタイミングに適していると言われています。
最近では11月末~12月初旬に贈るという人もいるようですが、まだ今年が1か月も残っていると感謝するには早すぎる気もしますし、かといって年末は忙しい時期ですので贈られるほうが迷惑に感じる可能性もあります。
特別な事情がない限り、12月13日~12月20日ごろまでに贈るのが無難でしょう。

誰に贈ればいい?

お歳暮は1年間お世話になった人たちに感謝の気持ちを込めて贈るものです。ですので、1年間お世話になった人に贈ることになります。

一般的な贈り先は以下のとおりです。

・両親
・義両親
・親類
・上司
・会社関係者
・仲人(挙式の際の頼まれ仲人の場合は、結婚式から3年間)

上記の人たちに必ず贈らなくてはいけないという決まりはありません。また、上記以外の方に贈っても問題はありません。お歳暮には、誰に贈らなければいけないという明確なルールはないのです。
1年間お世話になったと思う方に対して、感謝の気持ちを込めて贈るようにしましょう。

どんなものを贈ればいい?

お歳暮に贈るものは贈る相手の趣味などによって変わります。ちょっと豪華なお菓子や、ビールにワイン、ハムや海産物など、お歳暮の定番品にはいろいろなものがあります。
贈る相手の趣味などを考えて選ぶようにしましょう。
以下に贈る相手別の予算の目安をご紹介しておきます。お歳暮選びの参考にしてみてください。

・特別お世話になった人
5,000円~10,000円

・会社の上司など、日ごろからお世話になっている人
5,000円前後

・親戚や知人など
3,000円~4,000円

お歳暮の由来を知ろう! お歳暮を贈る際のポイントは?

お歳暮は本来、贈る相手の家に直接訪問して感謝の挨拶とともに手渡すのが普通でした。しかし最近では宅配便などで届けるのが一般的です。
宅配便で送り届けると挨拶ができないので、お歳暮には挨拶状を添えるようにしましょう。

お歳暮についてお悩みの方はここで紹介したことを参考にして、素敵なお歳暮を贈るようにしてくださいね。