いよいよ冬本番! 実践したい風邪予防法!

次第に空気が冷え込むようになってきました。冬が近づいてくると空気は乾燥し、風邪のウイルスが活発に活動し始めます。また、11月ごろからインフルエンザが流行り出すため、早め早めの対策が必要です。
ここではこの季節に注意したい風邪の予防法をご紹介します。日ごろから風邪予防をしっかりと行い、何かと忙しい年末年始を元気に乗り切りましょう。

風邪をひく原因は免疫力の低下

風邪というのは、上気道(鼻から喉までの呼吸器官)がウイルスや細菌などに感染して起こる症状の総称です。風邪の原因は80%がウイルス感染によるものであると言われています。
免疫力が低下すると、ウイルスに感染しやすくなります。免疫力が低下する原因として考えられるのは、睡眠不足やストレス、食生活の乱れなどです。

免疫力低下の原因は1年を通して見られるものですが、冬に風邪をひきやすくなるのはどうしてでしょうか。
冬は空気が乾燥しやすくなります。空気が乾燥すると風邪のウイルスも乾燥し軽くなります。乾燥し軽くなったウイルスは空気中を漂うようになり、人の体内に侵入しやすくなるのです。
また空気の乾燥によって喉の粘膜が乾きウイルスに対する防御機能が低下しますので、そのことが冬に風邪をひきやすくなる要因のひとつになっているとも言われています。

風邪の予防法

風邪は日々の心がけである程度予防することが可能です。風邪予防のポイントをいくつかご紹介します。

・水分をしっかり補給する
上記のとおり、乾燥は風邪を引き起こす大きな要因です。
喉や鼻には「線毛」というものがあります。この線毛が粘液と一緒にウイルスを排出するのですが、線毛が乾いてしまうとウイルスが喉や鼻などにとどまってしまいます。しっかり水分補給することで線毛の乾燥を防ぎ、風邪をひきにくくするのです。線毛を潤すには1日2.5リットルの水分が必要であると言われています。

・バランスのとれた食事をとる
栄養が偏ったり、不足したりすると体の免疫力が落ちて風邪のウイルスと戦えなくなります。しっかり栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。
特にビタミンを多くとるようにしてください。
鼻や喉の粘膜を保護する役割のあるビタミンA(緑黄色野菜やレバーなどに含まれています)。白血球やリンパの働きを助け免疫力を高める効果があるビタミンE(いわし、カボチャなどに多く含まれています)。またストレスに対する抵抗力を高めてくれるビタミンC(キウイ、みかん、レモンなどに多く含まれています)などを多くとるようにしましょう。

・運動を適度に行う
体力をつけることで風邪を予防することができます。特におすすめなのがウォーキングです。1日20分程度のウォーキングを継続することで基礎体力を高められ、ウイルスに負けない体を作ることができます。気をつけないといけないのは、あくまで適度な運動であるということです。激しい運動をすると体に負担をかけてしまい免疫力が低下する恐れがありますので、ストレスにならない程度の運動をするように心がけてください。

・マスクやうがいをする
マスクはウイルスの侵入を防ぐだけではなく、吐いた息の中に含まれる湿気が喉にとどまりやすくなって喉の乾燥を防ぐ効果があります。
うがいは喉に侵入したウイルスを洗い流す効果がありますので、外出先から帰ってきたときには必ず行うようにしましょう。

いよいよ冬本番! 実践したい風邪予防法!

免疫力の低下や乾燥によって風邪をひきやすくなりますが、それらの発生は日々の生活にちょっとした工夫をすることで避けることができます。ここで紹介したことを参考にして、元気に冬を乗り越えてくださいね。