スカウトメールとは? うまく使って理想の仕事を見つけよう!

転職サイトに経歴や職歴を登録しておくと、企業から「スカウトメール」が送られてくることがありますよね。膨大にある求人募集の中から自分に合った仕事を選び出すのはなかなか骨の折れる作業です。そんなときはこのスカウトメールを活用することで効率よく的確に自分に合った仕事を選ぶことができるようになります。
ここではスカウトメールとはどのようなものか、また、その活用法についてご紹介します。

スカウトメールとは

スカウトメールとは、一般的な転職・就職活動の仕事選びとは逆で、「企業側が気になる求職者に直接応募打診メールを送るシステム」のことです。企業は転職サイトなどに登録してある求職者のレジュメを確認し、条件が一致している人に対しオファー(スカウトメールを送ること)します。オファーの方法は企業の応募打診の要求レベルによって変わります(オファーの種類については後述)。
非公開求人(検索しても出てこない求人)を出している企業からスカウトメールが送られることもあり、オファーが来れば普通に求人探しをしていたら出会えなかった求人に応募することが可能です。また、要求レベルが高いオファーであれば、書類選考などが免除されるなどのメリットがあります。

オファーの種類

企業からのオファーにはいくつかの種類があり、応募打診の要求レベルによって異なります。

・オープンオファー
最も多く送られているのが、オープンオファーと呼ばれるものです。企業が望んでいる条件が一致している求職者に自動配信するという形式になります。求人をおこなっている企業の案内メールのようなもので、オファーがあったとしても応募の際には書類選考などをこなす必要があります。

・興味通知オファー
オープンオファーよりも条件の絞り込みがされており、応募した際のミスマッチの可能性が低くなります。そのため自然と合格率が高くなる傾向がありますが、応募の際は書類選考からこなす必要があります。

・プライベートオファー
企業にとって戦力になるようなスキルを持った人に対し、企業から直接送られてくる特別なオファーです。企業側は求職者の経歴や職歴を吟味してオファーしてくるので、応募した際の合格率がかなり高くなります。また、書類選考などが免除され、いきなり面接から選考が始まるということもあり、スカウトメールを貰うことのメリットが最も大きいオファーになります。

レジュメを充実させよう

スカウトメールを受け取るには、レジュメの内容をしっかり記入し、充実させる必要があります。プロフィールは空欄がないようにしっかり書き、希望条件などをある程度絞り込むことも大切です。
自己PRをしっかりおこない、レジュメは定期的に更新しましょう。更新日時が古い人にはすでに転職活動を終えている人が多く、企業側は更新日時が近い人を優先する傾向があるからです。

スカウトメールとは? うまく使って理想の仕事を見つけよう!

転職で理想の仕事を探す際には、スカウトメールを上手く活用することが重要です。プライベートオファーはめったにくるものではありません。ただ待っているだけでは一通も来ないということがほとんどです。転職サイトなどに登録する際はレジュメをしっかり記入するなどし、企業が「ぜひ会ってみたい!」と思ってもらうようにすることがポイントですよ。