派遣先はどれくらい派遣社員の個人情報を知っている?

派遣社員は原則的に、派遣先の企業に対して個人情報の提出をする必要がありません。しかし、派遣社員とはいえ同じ職場で一緒に働くことには変わりないのですから、自分のことについてまったく伝えずに働くことはできませんよね。企業側もある程度の情報は派遣会社から取得することができます。
派遣先の企業は派遣社員についてどの程度知っているのでしょうか。ここでは派遣社員の個人情報の取り扱われ方についてご紹介します。

派遣会社から派遣先企業に伝えられる情報

派遣社員の個人情報は派遣会社に保管され派遣先の企業へ送られることはありませんが、業務を円滑に行うための個人情報は企業先に通知しなければいけません。
派遣会社が派遣先企業に通知する個人情報は以下の通りです。

・派遣される社員の名前
・性別
・各種保険の加入状況

基本的に、年齢に関する通知は行われませんが、派遣される社員の年齢が「18歳未満」「45歳以上」「60歳以上」である場合、その旨が派遣先企業に通知されます。
18歳未満は労働基準法によって夜10時から朝5時までの労働が禁じられており、仮に派遣先企業が派遣社員の年齢を知らないと法律違反を犯してしまうかもしれません。また、労働安全衛生法において、45歳以上は中高年者に該当します。この年齢から職場での事故(労働災害)が発生しやすくなるため、派遣先企業は45歳以上の方が働く労働環境への配慮を行うよう、労働安全衛生法に記載されています。
上記3つの年齢層に該当する場合は派遣会社から派遣先企業へ年齢の通知がされますが、その際には具体的な年齢で送られるわけではありません。「18歳未満」「45歳以上」「60歳以上」というように記載されます。

原則として派遣先企業は社員から直接個人情報を聞き出せない

派遣社員と派遣先企業の間には雇用関係がありません。そのため、派遣先企業は派遣社員から直接個人情報を聞き出すことができません。
災害時の緊急連絡先など、派遣社員の個人情報が必要になった場合、派遣先企業は派遣会社に個人情報の開示を求める必要があります。派遣会社はその情報が、派遣社員が派遣先企業で働くうえで必要な情報であると判断した場合に、その情報を開示します。
また、その際には必ず派遣社員の同意が必要です。緊急連絡先などのような「就業管理に必要な情報」であったとしても、個人情報を知られたくないのであれば情報の開示を拒否することも可能になります。

派遣先はどれくらい派遣社員の個人情報を知っている?

派遣社員の個人情報は、原則ここで紹介したこと以外派遣先企業に通知されることはなく、通知する場合も派遣会社から派遣社員本人に確認が来るはずです。もしも開示したくないなら拒否もできますし、仕事をする上で必要のない個人情報(前職での評価といった情報など)が通知されることはありません。
これから派遣社員として働こうとお考えの方は、ここで紹介したことを参考にして、個人情報の取り扱かわれ方をしっかり理解しておきましょう。