仕事関係の人にお年始をする際のポイント!

仕事関係の人に年賀状を送る方も多いと思いますが、中には仕事始めに取引先の会社に足を運び、お年始をする方もいると思います。
初めてお年始に行くことになった方の中には、お年始がいったいどのようなもので、どのようにして行えばいいのか分からないと不安に思っている人もいることでしょう。そこで今回は、お年始の概要と、仕事関係の人にお年始をする際に押さえておきたいポイントをご紹介します。

お年始とは

お年始とは、簡単に言うと「新年のあいさつ」のことです。基本的には正月の三が日(1月1日、2日、3日)に、先方の元に出向いて新年のあいさつをします。その際には和菓子や焼き菓子などの手土産を持って行くのが一般的です。
お年始という言葉とセットになって、「お年賀」という言葉を聞くことがあると思います。よくお年始とお年賀の意味がごっちゃになっている方がいますが、お年始とお年賀は明確に違う意味を持つものです。
お年始はすでに紹介した通り「新年のあいさつ」です。それに対しお年賀とは「お年始の際に持って行く手土産」のこと。手土産につけるのしに「お年始」と書く人がいますがこれは間違いです。手土産はお年賀ですので、のしにも「お年賀」と書くようにしましょう。
ちなみに、お年始に行けない場合に、お年始の代わりに新年のあいさつをするために送るのが年賀状になります。ですので、お年始をする相手には年賀状を出す必要は基本的にはありません。

お年始回りをする際のポイント

会社によっては、仕事始めの際に取引先にお年始を行うことがあると思います。取引先など仕事上の付き合いのある人や団体にお年始をする際のポイントをご紹介します。

・先方の人数を確認しておく
取引先へお年始をする場合は、担当者だけにお年賀を用意するのではなく、関係部署全員に用意するようにしましょう。関係部署に何人ぐらいの人がいるのか、普段から把握しておき、数が足りなくならないお年賀選びをするようにしましょう。

・お年賀は生菓子などを避ける
会社によっては職場に冷蔵庫を置いていないところがあります。事前に冷蔵庫の有無を確認できればいいですが、分からない場合はケーキなどの生菓子は避け、焼き菓子のような要冷蔵ではないものを選ぶようにしましょう。

・食品系の企業へお年賀は、ライバル企業の商品を避ける
食品系の企業へお年始へ行く際は、先方の競合会社の商品は選ばないように注意しましょう。

・三が日中が無理なら、小正月までに行う
三が日が休みになっている企業も多く、正月の間にお年始ができない場合もあると思います。その際はできれば1月7日に、遅くても、小正月(1月15日)までに行うようにしましょう。

・のしには「お年賀」と書く
前述の通り、お年賀には「お年賀」と書いたのしをつけます。また水引(包み紙を結ぶ紙のひも)の下に自分たちの会社名を書いておくことで、先方が「どの会社からもらったものか」すぐにわかるようになります。

・お年賀を渡すタイミング
お年始は先方の勤務時間中に行い、出向く前に電話で一報しておきましょう。
風呂敷で包んで持って行き、先方の担当者が椅子に座ったタイミングで、風呂敷から出して手渡します。その際は「ほんの気持ちですが、ぜひみなさんで召し上がってください」というような言葉を添えるようにしましょう。

仕事関係の人にお年始をする際のポイント!

お年始をしっかり行うことで、自社も先方も気持ちよく新年をスタートすることができるでしょう。お年始回りをする予定があるという方は、ここで紹介したことを参考にして落ち度のないお年始をするようにしてくださいね。