派遣でも働くことができる! 医療事務の仕事内容とは

医療事務と聞くと、「専門性が高い仕事だから、正社員でしか働けないのではないか」と考えてしまう人もいると思います。しかし、医療事務のお仕事は派遣でも就くことが可能です。確かに一般的な事務職に比べて専門性が高いことには間違いないですが、派遣であれば未経験から始められる求人もあり、実際に医療の現場でスキルを磨いたり経験を積んだりすることができます。
ここでは派遣でも働くことができる医療事務の仕事内容などについてご紹介します。

医療事務の仕事内容

医療事務は、病院やクリニックなどの医療機関において、受付や会計の担当をしたり、カルテの入力やレセプト(医療費を医療機関に請求するための書類)を作成したりするのが主な仕事になります。ほかにも患者さんの保険証や診察券の確認や管理、処方箋についての説明、医師や看護師が円滑に業務を行えるようサポートするなど、医療事務の方が行う仕事は幅が広いです。

来院する患者さんと最初に対応するのが医療事務の方になります。そのため、初診の方が抱くその病院やクリニックの第一印象は受付にいる医療事務に左右されると言っても過言ではありません。
このように医療事務は、事務作業と言う縁の下の力持ちのような業務をこなしつつ、同時に病院やクリニックの顔としてあらなければならない重要な存在であると言えるでしょう。

以下に、医療事務が行う主な仕事内容をまとめておきます。

・受付業務
会計事務
・電話対応
・医師や看護師のサポート
・レセプトの作成
・カルテの管理
(患者に対し)処方箋の説明

医療事務で働く上で必要になるスキル

医療事務の仕事をするために、絶対必要な資格はありません。とはいえ、カルテを管理したり、レセプトを作成したりと言った医療事務ならではの業務を行う際にはカルテを理解できる必要があります。そのため医療に関する専門的な知識やノウハウはある程度持っておいたほうがいいと言えるでしょう。また、そのような知識やノウハウを持っていることを客観的に証明できる検定や資格(診療報酬請求事務能力認定試験、診療情報管理技能認定試験、医事コンピュータ技能検定、診療情報管理士など)を保有していれば、派遣の仕事も紹介されやすくなりますし、それらの知識は充分に職場で役に立ってくれるはずです。

医療事務は受付業務を行う必要があります。そのため、専門的な知識だけではなく、患者さんが安心して来院できるようホスピタリティのあふれる応対ができるコミュニケーションスキルも必要です。

派遣でも働くことができる! 医療事務の仕事内容とは

医療事務の仕事はレセプト作成やカルテ整理などを行うために、医療に関する専門的な知識が必要な仕事であり、また患者さんが安心して来院できるよう思いやりと気遣いを持って対応できるホスピタリティのあるコミュニケーションスキルが必要です。当然、会計事務などを行うため、事務処理の正確性も必要になります。
業務の幅が広く専門性の高い仕事ではありますが、派遣であれば未経験から経験を積むことができます。医療事務のお仕事に興味のある方は、まずは派遣から初めてみてはいかがでしょうか。