貿易事務ってどんな仕事?

事務の仕事をしたいと求人などをチェックしてみると、一口に事務といってもさまざまな種類の事務職があることがわかります。一般事務経理事務、営業事務秘書などといった仕事は多くの企業に存在していて比較的イメージしやすいですが、「貿易事務」となるとどんな仕事をするのかイメージできないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、気になる貿易事務について、仕事内容や魅力、求められる資質などをご紹介します。

貿易事務ってどんな仕事?

貿易とは国際間での商取引、すなわち輸出や輸入のことを言います。メーカーや商社など輸出入に関する業務をおこなっている企業で、輸出入にまつわる書類作成や手続きなどの事務作業をおこなうのが貿易事務の仕事です。
例えば、輸入業務であれば「輸入通関手配」や「関税・消費税の納付」「商品の納入管理」など、輸出業務であれば「輸出通関手配」「通関書類作成」「運送便の手配」などといった業務があります。こうした輸出入にまつわる一連の流れの中での事務作業に加えて、業務に関わる人たちへの伝達および調整などといった業務も発生します。

貿易事務の魅力ややりがいは?

貿易事務の仕事をすることで輸出入に関する専門知識が身につくのはもちろん、海外のニュースや動向、文化的な知識などに詳しくなったという声は多いです。また、海外に知人ができたり、海外の取引先の人から感謝されたりといった体験ができるのは貿易事務の仕事の魅力であると言えます。
勤め先の規模によっては大規模な海外取引に携わることができたり、自社の取引があるからこそ日本国内に流通する商品があったりというケースもあります。自分の日々の仕事が流通に大きく役立っているというやりがいを感じられることが多いでしょう。

貿易事務の仕事に求められるスキルや能力は?

貿易事務は、国際間取引の書類作成や海外の取引先とのメールや電話でのやり取りなど、英語を使用する機会が多い仕事です。このため、貿易事務の仕事をするならある程度の英語力については必須スキルとなります。英検やTOEICなど英語力を示す資格があれば就職の際に強みとなるでしょう。
また、基本的な事務スキルやPCスキル、コミュニケーション能力も必要です。営業事務の経験なども役立ちます。

貿易事務ってどんな仕事?

貿易事務は専門的な知識が必要な仕事ですが、未経験から就業可能な求人もあります。英語力を活かした仕事や、国際的な仕事をしてみたいという方は貿易事務の求人をチェックしてみてはいかがでしょうか。