派遣社員もあげるべき? 職場で義理チョコを配る際のポイント

2月14日はバレンタインデー。職場によっては男性社員に義理チョコを配る風習があるところもあると思います。正社員であれば、ほかの女性社員と相談したり、去年までのバレンタインデーの風習を知っていたりして、問題なく過ごせる日であるとは思いますが、派遣社員の場合はどうでしょう。一緒に働いているとは言え雇用主は派遣会社であり、職場によっては正社員の人との壁があるように感じられることもあると思います。また派遣は同じ職場で働く期間が短く、去年までの風習を知らないということもあるでしょう。
ここでは、派遣社員が派遣先の職場で義理チョコを配る際に気を付けておきたいポイントをご紹介します。

義理チョコを配る風習があるかどうか調べる

普段お世話になっている人に義理チョコを配りたいと考えた場合、やはり派遣社員であってもしっかり職場の風習を把握しておいたほうがいいです。
派遣先に去年のバレンタインデーを知っている人がいれば、その人に事情を聞いたり、いない場合は、女性の正社員に聞いたりして、その職場に義理チョコを配る風習があるかどうか調べておきましょう。
職場によっては「社内で義理チョコは配らない」ことになっている場合があり、また場合によっては、個人で渡すのではなく、女性社員がお金を出し合って義理チョコを配る、という風習のある職場もあります。その中で何も知らずに義理チョコを配ると、社内で浮いてしまう可能性がありますので、やはり社内のバレンタインデー事情はしっかり把握しておくのが無難です。

職場での義理チョコの渡し方

職場での義理チョコの渡し方についてご紹介します。

・直接手渡し
配る人数が少ない場合は、日ごろの感謝の気持ちを伝えながら直接手渡しがおすすめです。直接渡せば相手もその場でお礼を言えますし、義理チョコを配る風習がない場合でも、ほかの社員に見られることなく渡すことができます。

・デスクの上に置いておく
配る相手が多い場合、直接手渡しをしていると時間がかかってしまいます。また営業で外回りが多い男性社員の場合も手渡しは難しいので、そういった際は男性社員のデスクに置いておきましょう。

・休憩室などに置いておく
休憩室や食堂のテーブルの上にまとめて置いておくのもひとつの方法です。目につくところに置いておいて、「よかったらどうぞ」とメモを置き、自由に食べられるようにしておくといいでしょう。

義理チョコの相場を知っておこう

職場で配る義理チョコの相場は、500円以上、1000円以下が最も多いと言われています。1000円以上のチョコを購入する方は比較的少ない傾向です。
本命チョコなら手作りチョコや高級チョコを渡してもいいですが、職場で配る義理チョコであれば、あまりにも手が込んでいるものは逆効果です。「こんなに高いの、ホワイトデーのお返しが面倒だな」と思われて、日ごろの感謝のつもりが、相手に負担を与えることになりかねません。逆に安すぎても感謝の気持ちが伝わらない可能性があります。
職場で義理チョコを配るのであれば、500円~1000円くらいのものが最も無難な価格帯になると言えるでしょう。

派遣社員もあげるべき? 職場で義理チョコを配る際のポイント

派遣社員にとって職場のバレンタインデーは何かと頭を悩ませる日でもあります。会社の風習や義理チョコの相場などをしっかり把握して、余計なトラブルを生むことなくバレンタインデーを過ごせるようにしてくださいね。