仕事効率アップをめざすなら、まずはデスク整理から始めよう!

仕事ができる人のデスク周りがきれいというのは、周知の事実です。例えば資料の提出を突然指示されたとき、デスク周りがきれいな人はすぐに対応できます。一方、デスク周りが乱れている人は、周囲をかき分けて探しださなければなりません。このため、提出までの時間がかかるのはもちろん、その分次の仕事の時間が押してしまいます。その結果、仕事の効率が下がってしまう、というわけです。ここでは、デスク周りを整理整頓する際のポイントをいくつか紹介します。

「捨てる」はデスク整理の第一歩

デスクの整理はまず「捨てる」ことから始めます。しかし、捨てるとなると何からすればいいのか……と悩んでしまう方も多いでしょう。
そこでまず「捨てるルール」作りをします。ルールを作ることで、捨てることが習慣化されますよ。具体的な「捨てるルール」は次の通りです。

ルール1:それ、使ってますか?

1年以上使ってないものは、今後使うことはないとして捨てましょう。

ルール2:捨てる時はいさぎよく捨てましょう

いざ捨てるとなると、とまどってしまう方がいると思います。でも「捨てる」と決めたら即捨てましょう。

ルール3:定期的にデスク周りをチェックしましょう

例えば「週末はデスク整理の日」と決めます。整理の日を決めることで、デスク周りの整理されている状態は保たれます。

100均商品はデスク整理でも大活躍

100円均一の商品は、デスクの整理でも大活躍。その中でもおすすめの商品を紹介します。

滑り止めマット

おなか辺りにある幅が狭くて横広い引き出し。そこに筆記用具など毎日使っているものを入れているという方が多いのではないでしょうか。

しかし席替えの際、あの幅や広さが変わってしまい、収納用トレーが使えなくなった……という経験のある方もいるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、100均の「滑り止めマット」。これだと引き出しの幅や広さに関係なく使えます。また滑り止めマットなので、中がぐちゃぐちゃになることもありません。

A4ファイルスタンド

会社の紙の書類はA4サイズが大多数。例えばこのスタンドへクリアファイルに「準備中」「進行中」「終了」とラベルを付けたものを収納すると、進行状況も明確になります。

デスク下もふくめて“デスク周り”

デスク下に書類があふれているのは、見苦しいだけではありません。書類が紛失しやすく、仕事の効率化を下げてしまう原因の一つになることも。

デスク下も100均のコの字ラックを利用すると、簡単に整理整頓ができます。下のスペースは靴、上のスペースはバッグを置いてみてください。
もし一番下の深い引き出しに自分のバッグを入れている場合は、それで空いた引き出しのスペースに足元の書類を移動させることができます。

デスク周りを整理すれば、仕事の効率が上がるだけではありません。モヤモヤから解放され、気持ちよく仕事に取り組めます。今日から皆さんもデスク周りの整理整頓をしませんか。

仕事効率アップをめざすなら、まずはデスク整理から始めよう!

仕事の効率をあげるには、まずデスク周りの整理整頓から始めましょう。100均商品で簡単かつ安上がりにできます。デスク周りの整理ではついつい机の上に執着し、足元まで気が回らないもの。しっかりと足元から綺麗にして働きやすい環境にしましょう。その結果、仕事効率は自ずと上がっていくはずですよ。仕事のスピードで悩んでいる方は、ぜひデスク周りの整理から始めてはいかがでしょうか!