コールセンターのお仕事! テレアポ、テレオペ、テレマの違いは?

コールセンターの求人を見ていると、「テレアポ」「テレオペ」「テレマ」といった職種をよく見ると思いますが、この3つの仕事の違いをしっかり把握していないという方も多いのではないでしょうか。これらの仕事は似ているようで全く違う仕事内容になっています。違いをしっかり把握して、思っていたのと違う仕事を選んでしまわないようにしましょう。
ここでは、コールセンターの求人でよく見かける「テレアポ」「テレオペ」「テレマ」の違いを、それぞれの仕事内容を紹介しながら説明します。

コールセンターのテレアポとは

テレアポとは、「テレフォンアポイントメント」の略で、電話営業という意味の仕事です。
住所録などで取得した名簿にある電話番号に電話をかけ、自社の商品やサービスを販売するため、営業マンとお客様とのアポイントメントを取得する、というのが主な業務内容です。生命保険の電話営業、広告掲載営業の訪問アポイントメントなどがテレアポの主な例になります。
求人には、アウトバウンド業務、発信業務、架電業務といった表記がされていることもありますので、テレアポの仕事に興味のある方はそれらの言葉にも注目してみるといいでしょう。

コールセンターテレオペとは

テレアポが電話をかける側だったのに対し、テレオペは電話を受ける業務です。テレオペとは「テレフォンオペレーター」の略で、電話対応や電話の取次ぎなどが主な業務内容となります。
会社のカスタマーセンターなどに電話をすると、電話口でいろいろと質問に答えてくれたり、商品やサービスについての説明をしてくれたりする人がいますが、その人がテレオペです。電話口で商品やサービスについて分かりやすく説明しなくてはならないので、ある程度の専門的な知識が必要になります。
テレオペは商品やサービスについての説明や、通信販売の受注業務、クレーム処理など、幅広い業務を行います。求人にはインバウンド業務、受信業務と表記されていることもありますので、テレオペに興味がある方はそれらの言葉にも注目してみてください。

コールセンターテレマとは

テレマは、「テレマーケティング」の略です。商品の購入、資料請求などによって名前や連絡先をすでに取得している顧客に対し、自社の商品やサービスについてのアップセル(販売促進)を電話で行うのが主な業務になります。
テレアポは、「新規のお客様に契約を結んでもらうためのアポイント電話」になり、どうしても「突然の電話」になってしまいます。しかし、テレマは「すでに契約を結んでいる、もしくは会社の商品などに興味を持っている顧客への販売促進電話」ですので、電話口での会話がしやすい傾向があるといえるでしょう。
電話口で契約(購入)につながり、あとは書類のやり取りで取引成立という流れになることが多いです。当然、商品やサービスの説明を電話口で行うことになりますので、商品やサービスに関する専門的な知識がある程度は必要になります。

コールセンターのテレマとは

テレアポ、テレオペ、テレマ、どれもコールセンターの仕事で、名前も似ていて混同してしまいがちですが、この3つの仕事は業務内容が異なります。自分のやりたい仕事を選べるよう、ここで紹介したことを参考にして、業務内容の違いをしっかり把握しておくようにしましょう。