春から派遣スタートする人が知っておきたいオフィスに適した服装

新生活になると新たな職場で働き始める方も多くいらっしゃるでしょう。これからオフィスワークを始める女性としては「どんな服装で出勤すれば良いか」に迷われる方も多いはずです。
今回はこれから新しい派遣がスタートし、新生活を送る方に向けた「オフィスワークに適した服装」をご紹介していきます。

やっぱり初日はスーツが無難

初出社の際は周りにいる人の前で挨拶をすることもあるため、人前に出ても問題ない服装で出社するのが望ましいでしょう。
服装はスーツなどのフォーマルな服装を心がけ、色はシックなものを選び、落ち着いたものを選んでおくと無難です。周りに少しずつ馴染めるようになってから服装の固さを緩めるのが良いでしょう。

場違いな服装をして出社してしまうとそれだけで居心地が悪くなってしまうものです。服装は周りの人に対して失礼に当たらないようにするという注意点もありますが、自分自身が気持ちよく仕事ができるようになるためにも大切です。最初は落ち着いたスーツなどの服装を取り入れるようにしましょう。

ジャケットはあるに越したことはない

派遣の仕事では「オフィスカジュアル」で通勤することが多いため、スーツを用意していない方もいらっしゃるかもしれません。
スーツの数に余裕がない方はジャケットを着用するのがお勧めです。もしジャケットが一着でもあれば、先ほど紹介したシックな服装のストックがなかったとしても普段着ている服装にジャケットを合わせるだけで落ち着いた雰囲気を出すことができます。

春が終わると、すぐに冷房が必要な夏がやってきます。そうなると冷房などでオフィス内が冷え込むこともあるでしょう。そういったときにジャケットが1着でもあれば寒さ対策にもなるでしょう。

最低限のルールは守る

ここ最近前述したオフィスカジュアルで働ける会社は増加傾向にあります。とはいえデニムやサンダルなどでの通勤は周りの気分を害してしまう可能性もあるため控えておいたほうがいいでしょう。
「この服がカワイイから」として選ぶのではなく、会社にこの服が合っているかを考えた服装選びを心がけることが大切です。
線引きに関しては曖昧なところもあるかもしれませんが、会社内で着用する服としてふさわしいかどうかを考えて着用するようにしましょう。あくまで「オフィス」カジュアルであることを意識してください。

春から派遣スタートする人が知っておきたいオフィスに適した服装

オフィス内の服装は企業ごとでも緩い会社・厳しい会社があります。派遣社員としてやってしまいがちなことは「以前はこれぐらいの服装でも問題なかったから、今回も大丈夫だろう」と思ってしまうことです。初出社の際に冷や汗をかかないように、まずはスーツなどのフォーマルな服装から入って、少しずつ緩めに調整していくという方針で服装選びをしていきましょう。