派遣の「銀行事務」の仕事内容は何があるの? 得られるスキルを解説!

銀行事務というと専門的な知識が必要というイメージが強いかもしれませんが、実は銀行事務の中には難しいスキルが不要なところもあることをご存知でしたか。
もし金融関係の仕事を探しているのであれば、銀行事務はおすすめできる職業です。
今回は銀行事務の種類と、そこで身につくスキル、向いている性格を紹介していきます。

銀行事務はどのような仕事をしているのか

銀行の事務業務には、大きく分けて「窓口事務」「後方事務」の2種類があります。
それぞれ業務内容に違いがあるため、特徴と違いを見ていきましょう。

窓口事務

「銀行の事務」と聞いてイメージできるのは、窓口になっている行員ではないでしょうか。
この窓口に立っている方が行っている業務が窓口業務にあたります。

仕事内容としては、顧客の預金を受け入れたり、支払いや振り込みなどを行う作業が中心です。来店される顧客の質問に迅速丁寧に答えなければならないため、窓口事務の求人では銀行業務経験者が好まれるでしょう。

後方事務

直接窓口には立ちませんが、後方で預金口座を開設したり、税金等の収納処理を担当したりするのが後方事務の業務です。
銀行に申請される書類を細かくチェックし、記入漏れや不備がないかを確認し、専用の端末に入力を行うのが中心の仕事です。
窓口業務とは違って対面で顧客と接することはありませんが、場合によっては銀行にかかってくる電話の対応をするときもあるため「まったく人と話さない職種」というわけではありません。

こちらの業務は銀行での就業未経験でも行えるため、初心者の方はまず後方事務からエントリーすることがおすすめです。

銀行事務で得られるスキルは

業務内容によって得られるスキルは変わってきますが、窓口業務を行う場合は、さまざまな年齢の方とコミュニケーションを取るため、ビジネスマナーを養うことができます。
後方事務では入力速度を求められる機会が多いため、打ち込みのスピードアップやエクセルなどのソフトに慣れることができるため、パソコンスキルを高めたい方におすすめです。

また、当然ですが「銀行で働いた経験」も得られます。この経験は、今後別の仕事を探す際の大きなプラスポイントとなりますし、作業内容はほぼ同じなので過去の経験を活かすことができるのです。

数字に慣れた、几帳面な方におすすめの銀行事務

数字に慣れた、几帳面な方におすすめの銀行事務

銀行事務はお金を取り扱う仕事ということもあり、数字の扱いが得意な方に向いている職業といえるでしょう。それだけではなく、金融関連の知識や自社のサービスに関する理解を深めることに意欲的な姿勢も、銀行事務で活躍するためのポイントとなります。
その他にも窓口事務は接客、後方事務は電話で顧客とコミュニケーションを取ることもありますから、接客に関して抵抗が無いことが望ましいです。

もし自分がこれらの条件にマッチしていると思うのなら、銀行事務への就職も選択肢の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。