夏のオフィスでも要注意? 室内で起きる熱中症とかくれ脱水対策

夏が近づくと熱中症や脱水症状が心配になります。
「熱中症は外で発症するもの」という印象がある方も多いかもしれませんが、実は室内で発生することも少なくありません。

室内での熱中症はどのような時に起こってしまうのでしょうか。熱中症になりやすいのはどんな環境であるのかと、脱水症状を引き起さないための予防法をご紹介します。

熱中症になりやすい室内環境とは?

室内にいても、窓ガラスに近いところに座っている場合は、室温が高くなりがちなため注意が必要です。中でも直射日光が当たる場所では、できるだけ長時間作業しないようにしましょう。
また室内のパソコンやプリンターも熱を持っており、それが室温を高めてしまいがちです。

基本的にオフィス内はこれらの要因から熱がこもりやすい環境なので、室内で脱水症状になってしまう、いわゆる「かくれ脱水」を発症してしまう方も少なくありません。こういった室内の熱中症やかくれ脱水を防ぐためにはどのような工夫が必要なのでしょうか。

かくれ脱水を防ぐ。室内でできる熱中症予防法とは?

クールビズを実施し、オフィスの温度が調節されていても、室内環境が悪いと熱中症は発生してしまいます。以下のような方法を取り、熱中症や脱水症状の対策を行いましょう。

直射日光を避け、風の通りを確保する

直射日光が熱中症の発症リスクを高めてしまうため、ブラインドをできるだけ下ろしておくだけでも効果はあります。また、扇風機などを動かして風の通りを確保することも忘れないようにしましょう。

水分補給のほかに、塩分の摂取も意識する

熱中症対策として真っ先にイメージできるものが「水分補給」ではないでしょうか。
確かに水分を摂取することは大切です。間違ってはないのですが、水分を補給する効率を高めるためには「塩分」が必要になります。スポーツ飲料のような、ある程度塩分も含まれているものを選ぶことで、水分補給を効率よく行うことができます。

日頃から睡眠を十分に取っておく

睡眠不足が続くと体力が低下してしまい、熱中症を引き起こしやすくなります。なかなか寝付けないときは保冷剤などを使って首元を冷やすと効果的です。

睡眠時間を確保するとともに、睡眠の質を高めておき、体力低下を起こさないような生活を日頃から心がけましょう。

室内の熱中症は気付きにくいため要注意

室内の熱中症は気付きにくいため要注意

直射日光が当たっていたり、風の通りが不十分だったりするオフィスでは、たとえ冷房が効いていたとしても熱中症が起きることがあり得ます。
暑い夏に備えて、オフィスの環境を見直し、できる限りの熱中症対策をしていきましょう。