エアコンが寒すぎる! 夏のオフィスの冷房対策

夏場、暑い中出社して職場のオフィスに入ると、冷房が効いていて気持ちがいいですよね。はじめのうちは涼しくて快適かもしれませんが、一日中オフィスにいるとだんだん寒くなってくることはありませんか? 温度を上げたくても、ほかの社員との体感温度に差があって、なかなかエアコンのリモコンを操作することもできない。結局寒さに震えながら仕事をしなければならない。そのようなこともあると思います。
冷房で体を過度に冷やされると、自律神経が乱れるなどの問題が発生することがありますので、内勤業務が多い方は夏場の冷房対策をしっかりとっておくことが必要です。
ここでは、夏のオフィスでできる冷房対策法をいくつかご紹介します。

厚手の靴下を履く

冷房対策として有効なのが、厚手の靴下、または長めの靴下を履くことです。冷たい空気は下の方に溜まる特性を持っています。冷房の冷たい空気もオフィスの下の方に集まりますので、足元を温かくしておくことで冷房対策になるのです。
足は第2の心臓とも呼ばれており、冷たくなることで全身の血行を悪くしてしまいます。足元を温めることで血行を良くし、肩こりや腰痛の解消にもつながるのです。
頭寒足熱という言葉もあるくらいですから、まずは足元を温めて、快適で健康的に仕事ができるようにしておきましょう。

首にスカーフなどを巻く

首には頸動脈という大きな動脈が走っています。風邪をひいたときなどに首元を冷やすことがありますが、それは動脈を冷やすことで全身に回る血液を冷やし、体温を下げることができるから。つまり、逆に頸動脈を温めることで、全身を温めることにつながるということです。
夏場にマフラーを巻くことには抵抗があるかもしれませんので、スカーフを巻くといいでしょう。首元が温まるだけで、かなり違いが生まれるはずですよ。

温かい飲み物を飲む

夏は暑いからといって、冷たい飲み物ばかりを選んでしまいがちです。しかし、冷たい飲み物を飲み過ぎると体が冷えてしまいます。また、消化機能を悪くして便秘になったりすることもありますので、夏といえど冷たい飲み物ばかり飲むことは避けた方がいいです。
温かい飲み物を飲むことで、オフィスが冷えすぎているときの対策になりますし、体調も良くなるでしょう。その際は、生姜紅茶などの体を芯から温めてくれるものを選ぶことをおすすめします。

軽く体を動かし血行を良くする

血行を良くすることで全身を温めることができます。デスクワークが多いという方は、特に血行が悪くなりがちですので、たまに体を動かして血行を促進するようにしてください。
足を動かしたり、ときどき立ち上がって体を伸ばしたり、腕を回したりなどの簡単な動作でいいので、体を動かしましょう。

軽く体を動かし血行を良くする

冷房で体を冷やし過ぎるのは健康にもよくありません。冷房をかけすぎないのがベストですが、いろいろな人がいるオフィスでは自分の一存で温度調整するのは難しいでしょう。ここで紹介したことを参考にして、しっかり冷房対策するようにしてくださいね。