どんなお仕事? 「クレジット関連事務」の仕事内容

クレジット関連事務は、専門知識が身につくだけでなく他の事務職に比べて高時給なため、人気の高い職種の一つです。では、実際にどのような仕事内容なのでしょうか? ここでは、クレジット関連事務の主な業務や求められるスキル、どんな人が向いているのかをご紹介します。

クレジット関連事務の仕事は幅広い!

クレジット関連事務の仕事内容は実に幅広く、オフィスで行う業務の他にもデパートや駅などへ出向いて行うものもあります。

オフィスで行う主な業務

  • カード入会時の審査業務
  • 顧客に関するデータ入力
  • クレジットカード発行業務
  • 電話応対
  • 督促業務

オフィスでの業務は書類の作成やカードの発送業務、電話応対など多岐にわたりますが、督促業務などは別部署の管轄だったり、派遣会社へ委託していたりするクレジット会社もあります。

デパートや駅などへ出向いて行う主な業務

  • カードの勧誘業務
  • カードの新規入会申し込み受付

出張先にイベントブースを設け、新規の顧客を獲得するために接客し、その場で入会申し込みの手続きまでを行います。対面にて新たな顧客を開拓できるので、オフィス業務とは違ったやりがいを感じることができます。

クレジット関連事務に必要なスキルとは?

データ入力や書類の作成には、基本的なパソコンのスキルは必須といえます。事務職の経験やMOS・パソコン検定などの資格を持っていると選考時に大きなアピールポイントとなるでしょう。また、電話応対の業務では丁寧な言葉づかいや、柔らかい話し方が求められます。コールセンターでの実務経験があると優遇されることが多いですが、基本的なビジネスマナーを心得ていれば採用に大きな影響はありません。
イベントブースでの勧誘・入会受付業務では、高いコミュニケーション能力が求められるため、接客の経験や営業の経験を活かすことができます。

クレジット関連事務にはどんな人が向いている?

業務内容が幅広い分、覚えることもたくさんある仕事です。さらにクレジットカードの知識は細やかな情報が多く、金融・貸付の複雑な分野まで理解する必要があります。特典やポイントなどのキャンペーン内容も定期的に変わるため、覚えることが苦にならず、このような分野に意欲や興味を持って取り組める人におすすめです。
また、イベントブースでの勧誘業務は場所や時間帯によって人通りが少なかったり、思うように成約まで結びつけることができなかったりする日もあります。そのような時でも諦めずに業務に取り組める忍耐強さも必要です。

担当者が気になる言葉を入れる

クレジット関連事務は、他の事務職に比べて覚えることが多く、内容も複雑だといわれていますが、その分やりがいも大きいといえます。また、クレジット関連事務を経験すると一気に専門知識が広がり、自身のスキルアップの効果も期待できるので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?