保険の知識は必要? 派遣の「生保・損保事務」

派遣で紹介されるお仕事の中でも人気が高い「事務」のお仕事ですが、ひとことで事務のお仕事といっても業種はさまざまです。業種によってこなさなければならない業務内容などが異なり、場合によっては医療事務のような、ある程度の専門知識が必要になるものもあります。
そんな事務職の中で、専門知識が求められそうなイメージがあるのが、保険会社で働くことになる生保・損保事務ではないでしょうか。「ちょっとやってみたいけど、自分にできるかどうか不安」という方も多いのではないかと思います。
ここでは、生保・損保事務の仕事内容や、どのような人に向いているかなどをご紹介します。

生保・損保事務の仕事内容

生保・損保事務は、その名の通り保険の販売代理店などで保険給付金の手続きや顧客から対応といった、生命保険や損害保険に関する事務業務です。また、営業担当者が獲得した契約の内容をパソコンに打ち込んだり、保険契約の申込用紙などをファイリングして管理したりといったことも、生保・損保事務が行う業務になります。
生保・損保事務が行う主な業務を以下にまとめておきますので、参考にしてみてください。

  • 電話、メール対応
  • 来客対応
  • 報告書や会議資料の作成
  • 損保契約の受付
  • 申込書類の作成や確認
  • 見積書や請求書の作成
  • 保険料の精算
  • 顧客情報の登録や管理
  • 書類のファイリング
  • 発送業務
  • 事故管理
  • 示談交渉業務

など

生保・損保事務に必要なスキル

生保・損保事務が行う業務は上述の通り多岐に渡ります。
顧客からの問い合わせ、来客対応などを行うため、最低限のビジネスマナーやコミュニケーション能力が必要であると言えます。また、契約内容の情報をパソコンに打ち込む業務もありますので、パソコンスキルも必要です。保険料の精算なども行うため、数字に強いといったことも強みになるでしょう。
生命保険や損害保険に関する知識も必要になってきますが、それら専門知識は働きながら身につけていくことができるため、未経験からでも始めることができます。一般事務営業事務をしたことがあれば、その経験を活かすことも可能です。
顧客情報という機密情報を管理することも業務のひとつであるため、慎重に仕事ができる、整理整頓など管理が得意であるといった方であれば、問題なくこなすことができる仕事であると言えるでしょう。

生保・損保事務に必要なスキル

生保・損保事務で働こうと思ったら、高度な専門知識が必要であると考えている方もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。未経験OKの求人もありますし、事務経験があれば問題なくこなせるものです。必要な知識は働いているうちに身につきます。
生保・損保事務に興味のある方は、まず派遣社員として働き始めてみてはいかがでしょうか。