どうやって頼む? 夫に家事を手伝ってもらう方法

共働き夫婦、ワーキングマザーの場合、夫にも家事を手伝ってもらいたいものですよね。
ですが、無理矢理に頼んでもなかなか言うことを聞いてくれないことも多いかと思います。
どうやったら夫は家事を手伝ってくれるのか。
いくつか効果的な方法をご紹介していきます。

簡単な家事からお願いする

洗濯や料理など難しい家事を最初からお願いすると拒否反応を持たれますので、余計に非協力になってしまう事があります。

ですので、まずは食器の後片付け・お風呂掃除・部屋の掃除など比較的簡単な家事からお願いしていくことがポイントとなります。
まずは、家事に入り込ませ習慣化することが先決です。

柔らかくお願いする

怒ったり、命令したりするような高圧的な態度で家事をお願いすると、これもまた夫に拒否反応を持たれてしまいます。
また手伝ってくれたとしても、その場限りとなり習慣化にいは至りません。

ですので、出来るだけ柔らかくお願いすることがポイントとなります。
「少し手伝ってくれるとうれしいな」、「家事をしてくれるととても助かります」など少し柔らかめに声をかけてみてください。
相手の人柄にもよるものの、柔らかくお願いした場合の方が動いてくれる可能性は高いですよ。

相手をおだてる

「家事ができる男は仕事ができるんだって」、「家事が出来れば友達に自慢できるのにな」、「家事ができれば子供も尊敬してくれるよ」などなど、相手をおだてて家事に引き込むのも作戦のひとつです。
多くの男性はおだてられることに弱いですから、上手くおだてることができれば自発的に動いてくれるようになるでしょう。

家事分担表をつくり具体化する

なかなか動いてくれない男性の場合は、家事の分担を具体的に表わすのも方法のひとつです。
家事分担表をつくり、ここまでが自分の範囲、ここまでが夫の範囲と明確に示してみましょう。
男性というのは文字や表で表されると目的意識を持つことがあります。
言葉だけでお願いするより効果的に伝わる場合があるのぜひやってみてください。

強めにお願いする

強めにお願いする

それでもなかなか動いてくれない夫の場合は、強行手段として強めにお願いしてみるのも手です。
「こんな人だとは思わなかった!」、「とにかく家事をして欲しい!」と怒り交じりで強めにお願いしてみるのも良いかと思います。

また、泣いてみたり、家事を放棄してみるのも効果的な場合も。相手にインパクトを与えてみましょう。
ただし、逆に関係を崩してしまうこともありますので、自分のキャラクターなどを考えながらお願いしましょう。

普通にお願いしただけでは、なかなか夫というのは家事に協力してくれません。
今回ご紹介した内容を参考に、言い方に少々工夫を加えて夫を家事に引き込んでみてくださいね。